お問い合わせ

トップ » 地域一番物流企業のつくり方  » 【地域一番物流企業のつくり方】事故惹起者研修 / 高橋 竜二

地域一番物流企業のつくり方



【地域一番物流企業のつくり方】事故惹起者研修 / 高橋 竜二 (2017年07月06日)

今回の執筆コンサルタント

高橋 竜二

高橋 竜二

運送会社・物流会社向けにマーケティング戦略の立案から販促・営業企画、
新規事業参入等、業績アップコンサルティングに従事。
近年はドライバー採用・定着・育成をメインテーマに活動。
ホームページを核とした求人方法で、エリアや企業規模に関わらず、
今の時代でもドライバー採用に困っていない運送会社を各地で輩出している。

物流企業経営研究会「ロジスティクスビジネス経営研究会エリアサークル」を主宰。



 1.事故惹起者研修を仕組み化する
 事故惹起者研修については、なかなか自社で仕組み化できている企業様が少ないように感じます。事故惹起者が事故の再発を防止するために、研修制度を仕組み化していきましょう。


 2.事故惹起者の対象を決める
事故惹起者研修の仕組み化をする前提条件としては、事故を記録し、集計していることです。事故報告書を書いて終わりではなく、入社何年目のドライバーがいつ、どこで、どんな事故を何件起こしているかをしっかりと集計することがファーストステップです。


 その次に、事故惹起研修の対象を決めます。事故惹起者の定義は、各社それぞれだと思いますが、しっかりと定義づけする必要があるでしょう。たとえば、入社1年目で車両事故を1回でも起こしてしまったドライバーは、必ず事故惹起者研修を実施するなどです。それ以外のドライバーは、年に2回以上でもよいでしょう。



news_form.jpg

 3.事故惹起者研修は丸1日かけて実施
 事故惹起者研修は、丸一日かけて徹底的にやることをおススメします。やはり、事故を起こしたことは重大であるという認識を強く持ってもらう必要があります。


 1日のプログラムは次のとおりです。
①午前
・奉仕作業・座学(社内ルールやマニュアルの再教育)・DVD学習(事故の悲惨を伝えるようなものが好ましいでしょう)・感想文
②午後
・添乗指導チェックシートを使い、添乗コースにて指導(添乗コースは自社で設計)・駐車場や自社倉庫内でバックやフォークリフトの運転指導を実施する・添乗指導のフィードバックを実施する・感想文&確認テストを実施する


 これらのことを1日かけて実施することで、初めて再発防止策になるでしょう。


 事故を起こしたら、事故報告書を書いて、そのまま...という企業は、事故惹起者の研修の仕組みを整える必要があるでしょう。




●記載元 : 物流・運送・ロジスティクスの業界の総合専門誌『物流ウィークリー』










Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.