お問い合わせ

トップ » 地域一番物流企業のつくり方  » 【地域一番物流企業のつくり方】KGIとKPIの設定 / 河内谷 庸高

地域一番物流企業のつくり方



【地域一番物流企業のつくり方】KGIとKPIの設定 / 河内谷 庸高 (2017年05月11日)

今回の執筆コンサルタント

河内谷 庸高

河内谷 庸高
物流ビジネスコンサルティングチーム シニア経営コンサルタント
大阪府泉佐野市出身。
神戸大学経済学部経済学科卒。

 運輸・交通業を中心に、運送会社・タクシー会社・バス会社の業績アップコンサルティングを展開。近年は、WEBマーケティング事業部および人財開発コンサルティング事業部も兼任し、WEBサイトを核としたマーケティングや人財の採用・育成・定着に多数の成功事例を生み出している。エリアや企業規模に関わらず、今の時代でもドライバー採用に困っていない交通企業を各地で輩出している。


 年末から年度末にかけ、1年の振り返りや来期の事業計画を考えられているかと思います。その事業計画や目標を達成するためにPDCAをまわす必要があります。


 PDCAがうまく回らない際に「うちの会社はC(Check)が甘く、やりっぱなしになっていたり、実際にできているかどうか把握できていない」とチェック機能に課題を感じている企業が多数いらっしゃいます。しかし、実際には、そもそもP(計画)の段階であいまいな計画しか立てておらず、その結果、振り返りたくても大雑把な検証しかできていない、というケースが大半ではないでしょうか。


 そこで、重要になるのはKGI(Key Goal Indicator(重要目標達成指標))とKPI(Key Performance Indicator(重要業績評価指標))の設定です。要は、具体的に数値化された目標と期日の設定が必要だということです。なお、KGIは最終結果指標であり、KPIは、それを達成するための過程を図る指標です。たとえばKGIが「3か月以内に新規荷主との取引を3社開拓する」というようなものに対し、KPIは「毎週飛び込み営業を10社実施する」であったり、「ホームページのアクセス数を毎日100以上確保する」というようなものです。



news_form.jpg

 計画段階でKGIとKPIを明確に設定することで、PDCAがうまく回りだします。


 また、成果につながりやすい計画立案のポイントは、PDCAサイクルおよびアクションプランの実行期間をできるだけ短くすることです。アクションプランとは、KGIを達成するための具体的な行動計画のことですが、その実施項目をできるだけ細分化してください。


 それぞれの実施項目の期間を1週間~10日単位で設定し、長くても1か月以内に終了する予定にするとよいでしょう。やることの抜け漏れがないように、行動レベルで細かく区切った方が、着手しやすいですし、期限を意識するようになります。






●記載元 : 物流・運送・ロジスティクスの業界の総合専門誌『物流ウィークリー』








Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.