お問い合わせ

トップ » 地域一番物流企業のつくり方  » 【地域一番物流企業のつくり方】面接日設定時点で採用の可否は決まる / 河内谷 庸高

地域一番物流企業のつくり方



【地域一番物流企業のつくり方】面接日設定時点で採用の可否は決まる / 河内谷 庸高 (2016年12月22日)

今回の執筆コンサルタント

河内谷 庸高

河内谷 庸高
物流ビジネスコンサルティングチーム チームリーダー チーフ経営コンサルタント

大阪府泉佐野市出身。
神戸大学経済学部経済学科卒。

 貨物自動車運送事業を中心に、運送会社・物流会社の業績アップコンサルティングを展開。 DMやホームページ等の販促企画からマーケティング戦略の立案、新規事業参入等の提案を行っている。近年はドライバー採用・定着・育成をメインテーマに活動している。


 今、人材採用でうまくいっている会社の特徴の一つに、「クイックレスポンス」ということが挙げられます。


 運送業界の場合、「どうしても、この会社に勤めたい」と思って転職活動している人は少なく、とりあえず複数社に応募している人が大半でしょう。そんなときに、応募に対するレスポンスの早さが入社率に影響します。


 この「クイックレスポンス」には様々な意味が含まれています。当然、応募があってから、その求職者への連絡の早さもそうですし、面接してから合否の連絡の早さもそうです。さらには、面接の設定日によって、大きく入社率が異なります。



news_form.jpg

 ■5日以内に面接しないと入社しない?


 ある運送会社様で、2016年7月~9月の3か月間で91人面接されたのですが、応募から5日以内に面接した人と、6日目以降に面接した人とでは、大きく採用率が変わりました。


 5日以内に面接した人の採用率は38.0%に対し、6日目以降の面接の場合は8.3%と4倍以上の開きがあります。


 求職者の都合で、面接日が先延ばしになっている場合も含まれていますが、やはり傾向としては顕著に現れていますので、一つの指標としてぜひ、参考にしていただければと思います。


 応募受付けから書類選考、面接設定日、面接結果通知、入社までの期間をいかに短縮化するか、ぜひ検討ください。





●記載元 : 物流・運送・ロジスティクスの業界の総合専門誌『物流ウィークリー』

アイコン このテーマの無料テキストダウンロード







Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.