お問い合わせ

トップ » 地域一番物流企業のつくり方  » 【地域一番物流企業のつくり方】初期離職防止の視点 / 橋本直行

地域一番物流企業のつくり方



【地域一番物流企業のつくり方】初期離職防止の視点 / 橋本直行 (2016年12月02日)

今回の執筆コンサルタント

橋本直行

橋本直行

物流企業の業績アップ戦略・戦術の立案及び具現化を専門テーマとする。
販促・営業ツールの企画立案から、個々の担当者の営業力アップ手法まで、荷主獲得の具体的サポートを行なう。最近は、物流企業の人材採用・定着力アップのノウハウも豊富に蓄積している。
各種研修・講演会の講師経験も豊富。中堅物流企業、物流子会社の参謀役として、全国を飛び回る。


1972年 兵庫県尼崎市生まれ
1995年 関西学院大学 法学部 政治学科 卒業
1997年 船井総合研究所 入社
2000年 ロジスティクスグループへ配属
2004年 チームリーダー就任
2005年 物流企業経営研究会「FUNAIロジスティクスアカデミー(現:ロジスティクスビジネス経営研究会)」をスタート



 なんとかがんばってドライバーを採用しても、すぐに辞めてしまうという初期離職の問題に悩んでいる運送会社は多いでしょう。ひどいケースでは入社数日~数週間もったとしても、3か月以内には、かなりの確率で辞めてしまうというケースです。


 この問題の解決に取り組むためには、まずは、自社の離職に至る原因を調査、分析し、特定しなければなりません。



news_form.jpg

 例えば、ある運送会社の調査によると、初期離職の主な理由は、以下の七つでした。
 ①思っていたよりも業務がたいへん
 ②入社前に聞いていた条件と違うと感じた
 ③もっとよい条件の会社を見つけた
 ④ちゃんと教えてもらえなかった
 ⑤上司・先輩と合わなかった
 ⑥ミス・事故を起こしてしまい、自信が持てなくなった
 ⑦なかなか上達できず、おもしろくなかった


 考えてみると、このうち、①②③は、入社前の会社や業務についての説明が不十分なことから起こる問題です。しっかり理解し、納得した上で、就業を決めてもらう必要があります。できる限りオープンに、情報を伝えましょう。会社説明・見学会の開催は、有効な手段です。


 ④⑤は、管理職、初期教育指導員向けの〝教え方〟〝育て方〟を教える研修システムがないときに出る理由です。ハラスメント防止の視点で、会社、仕事、仲間が好きになる指導ができるようにしなければなりません。


 そして、⑥⑦の理由は、教育・研修システムが不十分なときに出ます。業務の標準を教え、ミスや事故を防ぐための初期研修システムを構築する必要があります。


 貴社でも、初期離職の問題が発生しているのなら、調査・分析をし、対策を練ってみましょう。


※記事は16年9月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。


●記載元 : 物流・運送・ロジスティクスの業界の総合専門誌『物流ウィークリー』



アイコン このテーマの無料テキストダウンロード







Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.