お問い合わせ

トップ » 高橋コラム  » 3カ月で辞めさせないで1人前にする(1)-高橋 竜二

高橋コラム



3カ月で辞めさせないで1人前にする(1)-高橋 竜二 (2018年10月24日)

【初期教育の重要性】
皆さんの会社では、新入社員が入ってきたとき、
どのような研修を実施しますか?


「貨物自動車運送事業者が運転者に対して行う指導及び監督の指針」
では、初任運転者指導(座学)が15時間、実技訓練が20時間と
義務づけられています。


しかし、昨今の人手不足により、多くの企業では、
現場にすぐに入れてしまいがちです。


その結果、入社1年未満の離職率の増加や品質低下につながっています。


実際に我々のデータでは、初期教育をまともにやっていない企業の
1年未満の離職率は、50%近くになっています。


【初期教育の目的】
初期教育の目的は、
①正しいやり方を覚えて、早く仕事に慣れてもらうこと
②経営理念や社風を知ってもらうことで
長く働いてもらう素地を作る(マインドセット)
③初期教育を集団で実施し同志を持つことです。


そのためにやるべきことは、マニュアルの整備、添乗員指導者の教育、
座学指導時の会社理解、入社時期を統一するなどの仕組み化です。


今回は、重要性と目的についてお伝えしました。
次回には具体的なステップ整理してお伝えいたします。


アイコン このテーマの無料テキストダウンロード


アイコン 高橋ブログバックナンバー
>>その他の記事をみる




2018年11月

        1 3
4 5 7 8 10
11 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

    • メールマガジン 「物流企業こうすればもっと儲かる」でもコラムを配信しております。 バックナンバーはこちらから>>バックナンバー
      配信希望の方はこちらから>> メールマガジン登録

経営相談講演依頼

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへ


Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報保護方針  個人情報の取扱いについて  ソーシャルメディアポリシー
特定商取引法に基づく表記  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.