お問い合わせ

トップ » 高橋コラム  » 【高橋コラム】KYTとはストーリーを考えることである。

高橋コラム



【高橋コラム】KYTとはストーリーを考えることである。 (2018年06月15日)

愛知にあるK運輸は、KYTに力を入れています。
入社してから1カ月間、同じ5枚の絵に対して、3つ以上の危険予知を
行ないます。


同じ絵だと、同じ回答しか出ないと思う方もいらっしゃると思いますが、
同じ回答はいけません。


写真から見て取れる情報から読み取れるものや設定を変えて、
自分で事故が発生するかもしれないストーリーを考えます。


例えば、時間帯は何時なのか、朝・昼・夕方で交通量や公道を利用する人で
ストーリーが変わってきます。また、天候によっても変わってきます。


ただし、論理的に正しくない答えはNGです。


なぜ、この取り組みをK運輸が事故防止で徹底的に行っているかというと
事故を起こさないドライバーほど、このストーリーを立てることに長けており、
事故を起こすドライバーほど、そうでないこと多いからです。


この企業は、入社時と毎月の会議でKYTを行ない、
ストーリーを考える訓練を行なっています。


皆様もぜひ、KYTのやり方を少し変え、ドライバーの危険予知度を
上げていただければと思います。




アイコン 高橋ブログバックナンバー
>>その他の記事をみる




2018年7月

1 2 3 5 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 21
22 23 25 26 27 28
29 30 31        

    • メールマガジン 「物流企業こうすればもっと儲かる」でもコラムを配信しております。 バックナンバーはこちらから>>バックナンバー
      配信希望の方はこちらから>> メールマガジン登録

経営相談講演依頼

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへ


Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報保護方針  個人情報の取扱いについて  ソーシャルメディアポリシー
特定商取引法に基づく表記  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.