お問い合わせ

トップ » 佐々木純平の経営コラム  » 面談結果の見える化で定着率アップ - 佐々木 純平

佐々木純平の経営コラム



面談結果の見える化で定着率アップ - 佐々木 純平 (2018年12月25日)

物流業界の定着率は他業界と比較しても高い数値です。
4割が「入社3年で退職」している厚生省の発表にもあります。


定着率を上げていくためには、
入社後の新人期間に辞めさせないことが大切になります。
この時期のフォローを手厚くできるか非常に肝になります。


新人期間は仕事や環境にもまだ慣れておらず、
それを話す相手がいれば良いですが、
いない場合はフォローは必須となります。


埼玉県の企業様では、新人の方を対象に面談を実施しています。


これもただ面談をするのではなく、
新人フォローシートを使用して、面談内容の見える化を行いました。


これを行うことで2点メリットがあります。


1点目は運行や作業内容、指導者に対しての感想といった
抑えたい項目を漏れなく把握できます。


こうすることで、誰が面談を行なっても
聞きたいことは聞くことができます。


2点目は、記録として残すことで後日振り返ることができ、
さらには他の方も確認することができます。


こうすることで、この感想を得て
どのような対策を講じるのかまで確認ができ、
アドバイスもすることができるので適切な対応を取ることができます。


ただ面談を実施するにしても、見える化を行い、
情報共有することで状況把握ならびに最適な対応が行えます。


ぜひまだ取り入れてない企業様は導入してください。


アイコン このテーマの無料テキストダウンロード







Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報保護方針  個人情報の取扱いについて  ソーシャルメディアポリシー
特定商取引法に基づく表記  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.