お問い合わせ

トップ » 佐々木純平の経営コラム  » 「スマホ全盛時代にこそ、情報発信が大切」-佐々木 純平

佐々木純平の経営コラム



「スマホ全盛時代にこそ、情報発信が大切」-佐々木 純平 (2019年02月15日)

いまや、求職活動にスマホは欠かせない存在となっています。
厚生労働省が発表した「民間人材ビジネス実態把握調査」によると、20代の60%以上はWEBで求人情報を収集しているというデータがあります。


前年代で見てもWEBを使用して情報収集しているのが一番利用されているハローワークに次いで、高いです。
スマホ全盛時代で、特に若い世代(20~30代)の特徴としては、複数媒体から情報を収集しています。
求人媒体⇔会社HP⇔ハローワーク のように順番はバラバラにしても複数から情報を集めているということが想定できます。


いわば、情報がそれだけ落ちているということになりますが、情報を発信しているのは求人媒体会社や自社だけではないのがスマホ全盛時代の大きな違いです。


例えば、口コミサイト、SNSの流行によって誰でも簡単に体験談・口コミを発信することができます。
悪い情報はもちろん、内情など隠すことが大変難しくなってきているということになります。
特に良い情報は滅多に発信されることがないので、より一層自社から情報発信することが必要になってくるということです。


情報発信手法は多岐に渡る方が良いです。例えば、ホームページや各種SNS(インスタグラムやFacebook、Twitterなど)など、より多く目に触れる可能性が高めることが必要です。


アイコン このテーマの無料テキストダウンロード







Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報保護方針  個人情報の取扱いについて  ソーシャルメディアポリシー
特定商取引法に基づく表記  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.