トップ » 物流社長の本棚 » 書評者  » 吉岡 泰一郎氏



勝ち続ける会社をつくる起業の教科書

吉岡泰一郎 氏  2017/7/25

 

著者の野坂英吾社長とは、10年近く前にご紹介いただき、お話をしました。
(わたしのブログに記録されてました。。)
http://blog.livedoor.jp/trabox/archives/51449420.html

お酒を飲みながら話しているうちに、足立区発祥の企業同士ということが分かったうえ、マラソンの話になり、国立競技場の練習会にお誘いして、距離がググッと近づきました。
(わたしのブログに記録されてました。。)
http://blog.livedoor.jp/trabox/archives/51503574.html

>>続きを読む

小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの

吉岡泰一郎 氏  2017/7/4

 

小倉昌男さんの著書『経営学』は、いつでも手の届くところにお置いてあります。

この【物流社長の本棚】でも2015年5月に紹介させていただきました。
http://www.ecologi.net/review/category/business-theories/150521.html

この本は、正しいことを貫く小倉昌男という人物の"公"よりも"私"にスポットを当てた1冊です。

>>続きを読む

平尾誠二 人を奮い立たせるリーダーの力

吉岡泰一郎 氏  2017/06/13

 

平尾誠二さん。同世代のラガーマンで知らない人はいません。

生前、息子の学校(男子校)へ「男子の子育て」についての講演がありました。
(読書と同じくらいに人の講和を伺うのが好きな私は・・・)喜んで参加しました。

>>続きを読む

ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み

吉岡泰一郎 氏  2017/5/23

 

Amazonが『これでもか!』というくらいに、わたしにこの本を薦めてきたところ、日経新聞2ページ目の広告にも掲載されていたので、読むことにしました。
(わたしは、日本経済新聞の広告に弱いです・・・)

>>続きを読む

HARD THINGS

吉岡泰一郎 氏  2017/4/06

 

ミーハーなわたしは、、、
「ビジネス書大賞2016 大賞受賞」
「ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶ ベスト経営書2015で第1位受賞 」
を見て、迷うことなく購入しました・・・

>>続きを読む

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

吉岡泰一郎 氏  2017/3/7

 

テレビでのインタビューを拝見したのをきっかけに本を取りました。

わたしの大好きなラグビーで8連覇を達成した帝京大学ラグビー部監督と通ずる話が多く、経営者としてよりも、ラグビーコーチの目で読みました。

>>続きを読む

法則

吉岡泰一郎 氏  2017/2/14

 

「物流社長の本棚」のコラムを書くことを奨めてくださったのは、船井総研の橋本さんです。

橋本さんにいただいた本をコラムに書くことは、
なんとなく罠にハマった(?)感じがする器の小さいわたしは
コラムにすることを避けようと思っていたのですが、、、
良書について書くべきだと、この共感できる一冊を選びました。

>>続きを読む

最強の経営者

吉岡泰一郎 氏  2017/1/24

 

大学卒業してから、約8年間を住友銀行で過ごしました。

当時から、「この人はスゴい!」と言われている人はたくさん耳にしましたが、 本を読み、ますます"一緒に働く機会があったらなぁ~"と改めて思ったお一人です。

また、一時期読み漁った高杉良さんの著書であったことも、その思いを増長させました。

>>続きを読む

決めて断つ

吉岡泰一郎 氏  2016/12/13

 

スポーツを愛する男性であれば、
サッカーの三浦知良選手、野球のイチロー選手、そしてこの本の黒田選手を
嫌いな人はいないと思います。間違いなくみんなのヒーローです。

年齢からくる経験や、とびきりの実績が顔に出ているのも共通点ですが、
それぞれの著書の行間からも滲んできます。

初めて、黒田選手の著書を手に取りましたが、
ただただ、こんな人がいるのかと感動しました。

>>続きを読む

住友銀行秘史

吉岡泰一郎 氏  2016/12/1

 

大学卒業してから、約8年間を住友銀行で過ごしました。

「イトマン事件」のころは大学生であり、
バブル崩壊後の入社(銀行では入行と言います。)なので、
この本に出てくる〇千億円といった冗談みたいな金額の経験はありません。

それでも、バブルの後始末に奔走した経験や
不動産業を営む義父と、過去の話などもよくしていること、
知っている名前が出てくることなども手伝い、
興味が途切れることなく、最後の1ページを迎えた一冊になりました。

>>続きを読む