トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » 業界研究・業界本  » 物流社長の本棚/UBER ウーバー革命の真実

▼新着書籍


 

UBER ウーバー革命の真実

吉岡 泰一郎 氏  2019/04/08

「トラボックス」という空いているトラックと運びたい荷物のマッチングサイトを 運営しているので、「物流版UBER」について照会されることが多々あります。

海外で乗客として利用しますが、ドライバーとしての利用はもちろんありません。 ユーザー(ドライバーと乗客(ライダー))両面から、UBERについて記していることに興味をもちました。

内容紹介 (Amazonより抜粋)

グーグル、フェイスブックさえも超えられなかった、新世代の破壊的ビジネスモデル!
運転手をしてみてわかった、世界に広がるライドシェアリング・サービスの王者の全貌。そして未来とは?

本書は、ウーバーの急成長の要因と課題を分析した「ウーバー解体新書」である。
日本ではまだ一部の人にしか知られていないサービスの全貌と、その変革者としての位置づけも述べる。
そこには、利用者としてだけでなく、著者自身がドライバーを行ってみての体験が活かされていることも追記しておきたい。

さらには、日本国内で「ブラインドスポット」となっている部分がないかの検証も行う。 ウーバーが米国で成長した背景、今後の成長課題、そして日本で同様の革命が起こる可能性があるのか、それらを各章で解説していく。

ユーザーのことを本当に考えて、そのニーズに対応し、
軋轢がある中でも、改善・改良を重ねていくUBERの姿勢には
僭越ながら、共感が持てます。

前述の通り、著者がドライバーの生々しい体験を回顧していたり、
自分が利用したときの価格を細かく表示したりと、とても簡潔に 分かりやすい文章でUBERを説明しています。

日本国内への進出につきましては、
現時点では「Uber Eats」が先行していますが、
顧客目線の経営を負けじと行いたい、勉強したいと思ってます。




Share