トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » 業界研究・業界本  » 物流社長の本棚 / ぜひRPAの導入を視野に入れることをお勧めします

▼新着書籍


 

RPAの威力 アビームコンサルティング

成沢拓也氏 氏  2018/03/30

 

みなさんはRPAという言葉を聞いたことはありますか?

RPAとはRobotProcessAutomationという言葉の略です。
ざっくり言うと
「人間がパソコンで行っていた手作業をソフトウェアロボットが自動で実行する手法」 という意味です。
今回ご紹介させていただくのはこの「RPA」に関する書籍です。

AIやIOT、クラウドコンピューティング、ロボティクスなどという言葉はよく使われますが、それに比べるとRPAはそれほど知名度が高くないかもしれません。
僕がこの言葉を知ったのは恥ずかしながら最近であり約2年前です。
とあるソフトウェア会社(物流にも関わり合いのある)の経営者の方とお話した際に教えていただきそこで知りました。


物流業界においては、トラックドライバーをはじめとした人手不足問題が発端となり、AIやIOTの導入や自動運転技術、ロボットと物流機器を組み合わせたとロボティクスなど、次世代の働き手としてのデジタル技術の導入が注目されています。
これをお読みの皆様でも導入を検討されている方がいらっしゃるかもしれませんね。

もしこれからデジタル技術の導入を検討している経営者の方であれば、ぜひRPAの導入を視野に入れることをお勧めします。
物流現場には荷物を動かす仕事以外にも人間がかかわっているたくさんの事務作業があります。
それらの多くはRPAの導入によってロボットで肩代わりできるのではないかと思います。

RPAはデジタルレイバー(レイバー:働き手)と呼ばれ、生産性が高くミスが無く、不満も言わず休みなく働く戦力として、数々の現場に導入が進められています。
今後さらに多くの企業がRPAの導入を進めることになると、ホワイトカラーの仕事は彼ら(デジタルな働き手)によって肩代わりされることになるでしょう。 そのような時代が来た時には「本来人が行う仕事は何であるか」ということを再定義しそのような業務に注力していた会社は力強く発展するが、そうでない会社は淘汰されるのではないかと思います。

本書では8社のRPA導入企業の事例をもとにRPAの取り組みを学ぶことができます。
RPAについて学ぶことはもちろん、会社の強みが何であるかについて考えを掘り下げ、近い将来の会社像をイメージするうえでも大変役に立つ本であると思います。




Share