トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » 人材採用・育成  » 物流社長の本棚/ぜひ人事や教育に興味のある方は覧になってください

▼新着書籍


 

ムーブ ユア バス ロン・クラーク

成沢 拓也 氏  2017/11/28


柏にあるT-SITE(蔦屋書店)で平置きされているものを試し読みし、大変面白かったのでアマゾンで購入してじっくり読みました。

著者はディズニー社主催の「全米最優秀教師賞」を受賞した世界有数の教育者の一人だそうです。
本書も世界25か国で100万部売れたベストセラーです。

内容は極めてシンプル、人の使い方の極意について書かれています。

チーム(組織)をバス(人の足で進むという変わったバスですが)に例えます。
バスには以下のような人たちが乗っています。

ドライバー バスの進むべき方向を決めてコントロールする人
ランナー バスのエンジンとなってみずから力強く進む人
ジョガー バスのスピードに合わせて一緒に進む人
ウォーカー 引っ張られて進むだけの人
ライダー ただ乗っているだけの人(タダ乗りしている人)

みなさまの職場(組織)をイメージしてください。
みなさまのバスにはどんなタイプのメンバーが乗っていますか。
バスを走らせるために重要なメンバーは誰でしょうか。

説明するまでもありませんね。

そうです。
チームリーダーとして、またかじ取り役としてドライバーが重要なことは言うまでもありません。(これをご覧になる方はこのタイプが多いかもしれませんね)
チームを力強く走らせるエンジンとしてはランナーが重要なことも当然でしょう。
(進む方向性を間違った困ったランナーもいるとのことですが)

ジョガーは無難と言えますが期待通りかそれ以下、ウォーカーはちょっと困った人、ライダーに至ってはまさにチームのお荷物です。

みなさまの会社でも様々なタイプの方がいることでしょう。

ランナーもいればウォーカータイプの人も、残念ながらライダータイプの人もいるかもしれません。

ではそのような人たちにどのようなフォローをしていけばよいのでしょうか。

本書ではきわめてわかりやすくその方法が書かれています。
どこに注力することが一番効果的であるかについても書かれています。

訳書でありながらたいへん読みやすい本でした。
ぜひ人事や教育に興味のある方は覧になってください。



アイコン このテーマの無料テキストダウンロード

Share