トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » 人材採用・育成



ムーブ ユア バス ロン・クラーク

成沢 拓也 氏  2017/11/28


柏にあるT-SITE(蔦屋書店)で平置きされているものを試し読みし、大変面白かったのでアマゾンで購入してじっくり読みました。

著者はディズニー社主催の「全米最優秀教師賞」を受賞した世界有数の教育者の一人だそうです。
本書も世界25か国で100万部売れたベストセラーです。

内容は極めてシンプル、人の使い方の極意について書かれています。

>>続きを読む

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

吉岡泰一郎 氏  2017/3/7

 

テレビでのインタビューを拝見したのをきっかけに本を取りました。

わたしの大好きなラグビーで8連覇を達成した帝京大学ラグビー部監督と通ずる話が多く、経営者としてよりも、ラグビーコーチの目で読みました。

>>続きを読む

「教え方」の教科書

成沢 拓也 氏  2016/10/12


従業員教育について模索していた時期だったので、『「教え方」の教科書』とういう題名が目に留まり即買いしました。

この本は、マネージャーに向けた部下教育の教科書という目線で書かれています。
ベースとなっている考え方は「ティーチング(教えること)」の重要性です。
「コーチング」が育てることだとすれば、それ以前の基本を教える「ティーチング」がベースになければならないというのは言われてみればなるほどです。

>>続きを読む

駆け出しマネージャーの成長論

成沢 拓也 氏  2016/09/08


外資系に勤める友人から、「この本社員教育にとってもいいよ」と進められて読みました。

著者は東京大学の大学総合教育研究センターの准教授で、マネジメントの研究者です。
マネジメントに関して数多くの書籍を出版されています。
研究のために実際に一般企業や官庁などのマネジメントの立場の人たちと多く接しているほか、ご自身も10名のスタッフを抱える現役のマネージャーでもあります。

>>続きを読む

チームのことだけ考えた

成沢 拓也 氏  2016/07/26


高校時代の友人の勧めで読みました。
グループウェアで有名なサイボウズの社長の青野慶久さんの書かれた本です。

同社はサービスのほかにも特に人事制度に特徴のある会社だそうで、数多くのメディアでその人事制度が注目されているそうです(知りませんでしたが)。

>>続きを読む

一流の育て方

成沢 拓也 氏  2016/05/31


Amazonのオススメに薦められ読みました。
この本はその副題の通り「ビジネスでも勉強でも、ズバ抜けて活躍できる子を育てる」という副題の通り、子育てをテーマにした本です。
もちろん子育ての本としてとても多くの共感と学びがある本です。

しかしながら、友人であり高校時代の同級生がこの本を「自らを振り返り内省する為の「大人の教科書」ともいえる一冊」とある書評で書いているように、この本はまさに大人であるビジネスマンに読んでもらいたいと思う一冊です。

>>続きを読む

自分で考える社員のつくり方

吉岡泰一郎 氏  2015/12/10

 

私事で恐縮ですが、物流ネットワーク"トラボックス"の経営者の顔とは別に
洋菓子(ミニクレープ)の経営も担っております。
http://www.korot.jp/

まったく畑違いの洋菓子工場を建設し、運営する中、
頼りになるのは「経験のある専門家のアドバイス」と
何と言われようとも「専門分野に特化した本」です。

>>続きを読む

跳びはねる思考

成沢 拓也 氏  2015/10/15


数年前にNHKのドキュメンタリーを見て著者のことを知り、書籍を買って読みました。
最近また読み返しました。

著者は1992年8月生まれ、千葉県在住。
会話のできない重度の自閉症患者ですが、文字盤を指さしながら言葉を発していく「文字盤ポインティング」やパソコンを利用してコミュニケーションを図ることができます。
本書もそのような形で書かれています。

>>続きを読む

さとり世代―盗んだバイクで走りださない若者たち

成沢 拓也 氏  2015/07/02


大変お世話になっている方から頂いて読みました。

先に感想を述べます。大変面白い本です。
最後の章に「バブル世代」と「さとり世代」の対談というコーナーがあるのですが、声を出して笑ってしまいました。

>>続きを読む

「プロドライバー」の教科書

近藤智平 氏  2015/6/25

 

 地元企業で新入社員研修の講師として招かれた時、参考資料になる本を探していて見つけた本です。買った後で気付いたのですが、著者の酒井氏は弊社取引企業の代表取締役でした。私は面識ありませんが、何かうっすら縁みたいなものを感じたものです。

>>続きを読む