トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » 生き方・哲学  » 物流社長の本棚 / 夏の旅行のおともにお薦めします!

▼新着書籍


 

君の膵臓をたべたい

吉岡泰一郎 氏  2017/08/08

 

驚くくらい物流社長と関係ないと思います、、、

ラグビー関連の本以外を、ほとんど読んでいるところを見たことのない息子(高校一年生)に『父の日』にプレゼントされた本です。
それは新品ではなく、息子が読み終えた本でラッピングだけは新しくなってました。

自分が読んで面白かった本を、わたしにも読んで欲しかったのでしょうか・・・

 内容紹介 (Amazonより)

  偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。
  それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。
  そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。
  〔中略〕

  ...全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!

わたし自身も膵臓の手術をしたことがあったこと、トラボックス新入社員が「面白いですよ!」と薦めてくれたこと、本屋大賞第二位だったことも後押ししページを開きました。

高校生が登場人物の話なので、アラフィフの私には、なかなか感情移入できるものでもなかったのですが、読んでいると描写が映像化される感じと青春時代へ引き戻される感じが心地よく、、、結局一気読みでした。

自分では進んで買うことのない一冊でしたが、イイものでした。
涙が出るとも思います。夏の旅行のおともにお薦めします!



アイコン このテーマの無料テキストダウンロード

Share