トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » 生き方・哲学  » 物流社長の本棚 / 「お金」がテーマであるこの本を読んでいただくと、 その意味をご理解いただけるかと思います

▼新着書籍


 

お金原論

吉岡泰一郎 氏  2016/10/20

 

 人に薦められた本には、良書が多いです。

 この本も、人に薦められて読みました。
しかも、薦めてくれて、贈ってくれたのは友人である著者です。

 『これまでは基本的に献本は行ってこなかったのですが、今回の本は、完成までに2年を要した今までの私の集大成なのでぜひ読んでいただきたいです!』

 熱い思いとともに読ませていただいた1冊を家人にも、子供たちにも読ませようと思ってます。

内容紹介 (Amazonより)
--------------------
お金の不安をほったらかしにしていませんか?
あなたの現在地を知り、これから取るべき具体的なアクションがわかる!

お金はあなたの人生を写す鏡である。

ますます経済力、信用力で格差が拡大する時代である。
貯め方、使い方、稼ぎ方、働かせ方、維持管理、社会還元など、
お金の考え方について、あなたはどこまで身につけ、どの段階にいるだろうか。

本書では、お金との付き合い方を各ステージに分類し、
具体的な行動リストを紹介しながら、徐々にレベルアップをしていき、
お金に縛られない自由でゆとりある人生を送るための方法を考える。

いわばお金から見た自己啓発書でもあり、
リベラルアーツとして知っておきたいお金の知識をまとめたものである。
--------------------

(電車で「お金」と書かれている本の表紙を見られるのが
照れくさくなる時点で、根っからの一般的な日本人と再確認する一方・・・)

 頭の中では分かっていることなのですが、なんとなく自らも避けてきた言葉や思考を、改めて、思い返し、考える機会を作らねばと泉さんに教えてもらった感じです。

 自分でコラムを書きながら、なんとも曖昧なモノの言いで恐縮ですが、「お金」がテーマであるこの本を読んでいただくと、その意味をご理解いただけるかと思います。

 お薦めしたい1冊です。
泉さん、ありがとうございました!



アイコン このテーマの無料テキストダウンロード

Share