トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » リーダーシップ



平尾誠二 人を奮い立たせるリーダーの力

吉岡泰一郎 氏  2017/06/13

 

平尾誠二さん。同世代のラガーマンで知らない人はいません。

生前、息子の学校(男子校)へ「男子の子育て」についての講演がありました。
(読書と同じくらいに人の講和を伺うのが好きな私は・・・)喜んで参加しました。

>>続きを読む

キリンビール高知支店の奇跡

吉川国之 氏  2016/11/01


ビジネススクールでマーケティングの授業を受講している期間中にこの本を読んだことで、経営戦略やマーケティング戦略を立てる前提として本当に大切なことは何なのかを考えるきっかけになりました。

内容的には、アサヒビールに首位を奪われたキリンビールの営業部隊が首位奪回までにどんな改革とチャレンジをしていたのかが赤裸々に描かれたもので、組織におけるリーダーシップの在り方を教えてくれます。

>>続きを読む

タイヤ以外、何に触れても事故である。

吉川国之 氏  2016/8/30


同じ陸運業界でありながら、旅客というカテゴリーでどんな安全対策を行っているのかに興味があり購入してみました。

この本は、参考になる取り組みを探るという目的を持って読んだので、気になった事例をご紹介します。

>>続きを読む

采配

吉川国之 氏  2016/6/14


管理職の課題図書として橋本さんに薦められたことから私も読んでみました。

私自身の落合氏に対する監督としての評価が、いかにマスコミの報道に影響されていたのかを知ることになり衝撃を受けましたが、それ以上に彼の優れたリーダー論には驚きを隠せませんでした。

特に印象に残った言葉を3つ紹介します。

>>続きを読む

なんのために勝つのか

吉岡泰一郎 氏  2016/01/21

 

「わたしの息子が大ファンであること」と伝えておいたこともあり、
知人を通じて、お目にかかり、サインをいただく機会をいただきました。

お話しした時間は僅かだったのですが、
マスコミなどにも記されている通り、
人間的な魅力と厚みがあり、すっかり私もファンになりました。

そんなラグビー日本代表のキャプテンも務めた廣瀬選手の本を
紹介したいと思います。

>>続きを読む

僕が電通を辞める日に絶対に伝えたかった79の仕事の話

吉川国之 氏  2015/7/30


「みんなが孫正義やスティーブ・ジョブズになりたいわけじゃないと思う。」
帯にそう書かれていて、どっちかって言うと"なりたい派"な私ですが買ってしまいました。

元電通のエグゼクティブ・ディレクターが、退職するその日に後輩たちに送った伝説の講演がまとめられた本ですが、めちゃくちゃためになる本で一気読みしてしまいました。

>>続きを読む

世界で勝つための思想と戦略

吉岡泰一郎 氏  2015/07/23

 

自分がラグビーをかじっていたからという訳ではないのですが、
物流業界に限らずに
「ラグビーをやっていた!」
「ラグビー部に所属していた!」
「ラグビーが好き!」と言う経営者にお目にかかる機会が多いです。

この本は、ラグビーにご興味がある、なしにかかわらず、
ぜひとも手に取っていただきたい1冊です。

>>続きを読む

野村の「監督ミーティング」

吉川国之 氏  2015/6/4


以前から野村克也氏の管理手法に興味があったので書籍を探していたのですが、野村氏本人が執筆したものではないところが気になって購入しました。

側近として野村監督を支えてきた著者の視点から、野村元監督がなぜ選手の育成に長けているのかを解説した本ですが、読み終えてみると実は野村氏の管理手法を知るためだけではなく、幹部とはこうあるべきという№2としての役割や部下が考える理想のトップ像が書かれていることに気付かされます。

>>続きを読む

部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書

成沢 拓也 氏  2015/5/28

表題につられてKindleダウンロード版で読みました。

ライフネット生命代表取締役会長兼CEOの出口治明さんの本です。
ライフネット生命は、ご存じの方が多いとは思いますが、インターネットを用いた生命保険会社で、国内では74年ぶりに新規設立された独立系の保険会社です。

読むと分かるのですが、出口さんはマネジメント、特に人の使い方が天才的に上手です。
人の使い方に関係する話が多くを占めています。

>>続きを読む

やりすぎる力

近藤智平 氏  2014/10/23

 

 日本にはまだ底力もあるし、世界から尊敬も集めている。それでいてなぜか自信がない。様々なリーダー育成本やセミナーがあるのに、どれだけの人が「やり過ぎる力」を手に入れたのだろうか。そんな著者の熱い想いが伝わってくる一冊です。

>>続きを読む