トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » 船井総研・船井幸雄  »  物流社長の本棚 / とても共感できる1冊でした

▼新着書籍


 

包みこみの発想

吉岡泰一郎 氏  2018/02/01

 

船井総合研究所さんに
『「物流社長の本棚」が40回続いたご褒美』とか、
『もっとコラムに相応しい、経営本や自己啓発本を取り上げるように暗に勧められた』とかではなく、
【読んでいただきたい!】と、いただきました!

1992年に初版が発行された本ですが、旧さとか、時代の隔たりをまったく感じません。
とても共感できる1冊でした!橋本さん、ありがとうございます!

 商品の説明 (Amazonより抜粋)

「心」から発想して、人間の可能性と生き方を説く、船井流実践「人間学」の原点。
よりマクロの善を目指して・他者オール肯定・過去オール善の発想で、 ここ十年余り経営コンサルタントとして、ほぼ100%の成功を誇ってきた著者。その成功の秘密と言える、彼の人生観から生まれた人間性、人間観、社会観を明かす。


なるほどなぁ~と思ったのは「目標はよい人相と美人の女房」の件(くだり)です。

『リンカーンは「四〇すぎれば自分の顔に責任をもて」といったが、
顔を見るだけで、その人の人格、見識、性格などはだいたいわかるものである。

いまでは、知恵をみがき、教養をつけ、世の中に奉仕すると、人相がよくなり、
きれいになることが、脳生理学や心理学上から、ほぼ確認できる。・・・ 営利を追求する企業でも、企業内における仕事を通じて、
従業員の人相をよくし、さらにきれいにしなければならない。

同様に、旦那は女房の人相をよくし、美人にしなければならない...ともいえよう。』

船井 幸雄『包みこみの発想』より引用

これまでにいろいろな本に接してきましたが、
人相のことを然程考えてきませんでした。

スタッフのみんなの人相は、入社する前からよくなっているのか?
家人の人相は、結婚する前からよくなっているのか?そもそも自分は?・・・

"生きがい"や"やる気"を提供し、人相のイイ会社を改めて目指していきます!

追伸
長文になりますが、従業員の行動基準が記されていたので、
ご参考まで。本当に参考になると思います!

===========
人間として、個人として、会社としての力の充実にたえず全力投球をしよう。
その結果として
(1)人徳と貫禄に挑戦しよう。
(2)人間的・常識的をもって最善としよう。
(3)人を信じられるようになろう。 1.他人ができることは、自分にもできると考えよう。

2.たえず強気、前向きに生きよう。
3.決断せよ、実行せよ、行動的であれ。
4."やむを得ず"への挑戦を自らに課せ
5.仕事は与えられるものではない。取るものだ。あつかましく取れ。
6.集中せよ。ねばれ。必ずものになるし、ケンカにも勝てる。
7.人に好かれる人間になれ、そのために客観的であれ。
8.ロマンとビジョンと大きな野心をもて
9.優先順位がわかり実行できる人間になれ。
10.何よりも信用を大切にしよう。信用のためには、すべてを犠牲にしてもよい。 君の力と、それに相応した自信をつけ、さらに高めるために、われわれはお互いに助け合おう。
===========

船井 幸雄『包みこみの発想』より引用



Share