トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » 経営論・経営トップ自伝  » 物流社長の本棚/なぜ倒産

▼新着書籍


 

なぜ倒産

吉岡 泰一郎 氏  2019/03/20

わたしの好きなテレビ番組に「がっちりマンデー!!」という経営向けの番組があります。
割と欠かさずに見ている中、著名経営者の本棚を公開するシーンがありました。
みなさん、たくさんの本をお持ちでしたが、HIS澤田会長の本棚に「倒産」にまつわる本が、たくさん並んでいました。

早速、購入してみました。

内容紹介 (Amazonより抜粋)

苦渋の証言から読み解く破綻企業の敗因。大ベストセラー誕生から始まった経営者の迷走。
大手に真っ向勝負を挑んだ新工場、過剰投資に終わる。
取材殺到するも内実は...。資金ショートに沈んだベンチャー。
人を育てずFC展開、爆走の末に散った人気チェーン。
ビジネスモデルも社員も刻々と老化、力尽きた老舗宝飾店。―こうするよりほかなかったのか?

都市銀行にて融資業務を担当していたこともあるので、
「倒産したくない」思いは人一倍です。

"堅すぎる"と言われても、"小さい社長だ"と思われても
必要以上の投資ができないのは器や度量だと思います。
ただただ安全運転で、勝負ができない男です、、、

この本を読み、自分のやり方が正しいとも思えないのも事実でした。
ブームに乗らないのはともかく、投資ができないことが果たして正しいのかどうか、、、
短期間での勝負も時には必要な気もします。

それでも、背伸びをせずに正しい経営をしていくと思いました。
あまりこの類の本を読んでこなかったからか、そんな感想を抱いた一冊です。
食わず嫌いではないのですが、ジャンルを問わずに読書していきたいと思います。




Share