トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » 経営論・経営トップ自伝  » 物流社長の本棚/心に残ったフレーズやエピソードが詰まった本です

▼新着書籍


 

勝ち続ける会社をつくる起業の教科書

吉岡泰一郎 氏  2017/7/25

 

著者の野坂英吾社長とは、10年近く前にご紹介いただき、お話をしました。
(わたしのブログに記録されてました。。)
http://blog.livedoor.jp/trabox/archives/51449420.html

お酒を飲みながら話しているうちに、足立区発祥の企業同士ということが分かったうえ、マラソンの話になり、国立競技場の練習会にお誘いして、距離がググッと近づきました。
(わたしのブログに記録されてました。。)
http://blog.livedoor.jp/trabox/archives/51503574.html

彼は一本の筋が通っていて、まっすぐでした。
ランニングでも、根性の違いを見せつけられました・・・

内容紹介 (Amazonより)
--------------------
ベンチャービジネスの旗手が初めて明かす
とことんシンプルな、成功のための行動原則!

◎創業以来、21期連続で増収を続けるリユースショップチェーン、『トレジャー・ファクトリー』。
資金30万円で1号店を立ち上げ、同業他社に先駆けてPOSシステムを導入するなど近代化・効率化を進めて一代で100億円規模まで育てあげ、「不可能」といわれた総合リユースショップのチェーン化に成功、業界イメージも大きく向上させた気鋭の起業家が野坂英吾氏です。

◎本書では、学生時代にお金も人脈も経験もない、ないないづくしで起業した野坂氏が、自分と会社を成長させた"勝ち続ける"ためのシンプルな行動原則と起業ノウハウをあますところなく披露します。

・新たなビジネスの「生み出し方」
・他社や先輩経営者の事例や失敗を活かす「学び方」
・人を動かすために必要なトップの「動き方」
・起業後の成長ステージごとに訪れるカベや危機の「乗り越え方」

がわかる、起業する人のための新しいバイブルです。
独立・起業を考える人や経営者、後継予定者はもちろん、新事業開発に携わるイントレプレナー、
プロジェクトリーダーにお勧めの1冊です。
--------------------

心に残ったフレーズやエピソードが詰まった本です。
読んだ方の立場や状況、読んだ方の気持ちによって響く言葉が異なると思います。
ぜひ、おススメします!

★わたしは、まっすぐな野坂さんに気持ちでは負けないようにと
改めてイイ刺激をいただきました!

(野坂さんらしく、好奇心が強く、粘り強く、真似たいと思ったフレーズです!)

・あらゆる面で質が低い人はいない。必ず長所がある
・負荷のかけ方は、その人のモチベーションによって変えたほうがよい
・カベを取り払う場を必ずつくる
・社員とふれあう

・身の回りの二人が勧めたものは必ず試す
・ぶれないけど素直でいる
・自分の苦手なことや嫌いなことを、得意であったり好きな人を見つけて、その人に「なぜ好きなのか」と聞いたり、観察する
・怒らない、くじけない



アイコン このテーマの無料テキストダウンロード

Share