トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » 経営論・経営トップ自伝



江副浩正

吉岡泰一郎 氏  2018/04/9

 

この本は、高校時代のラグビー部からの付き合いで、
トラボックスを一緒に経営し、読書家でもある同級生の田代に薦められました。

「この本を読むと、自分たちが凡人だと痛感するよ。。」
の一言でした。確かに凡人さを痛いほど感じました、、、


>>続きを読む

SHOE DOG

吉岡泰一郎 氏  2018/2/16

 

ここまであからさまに書いていいのか?

こんなにも実名をあげていいのか?

と思うくらいに赤裸々にナイキの生い立ちを綴った一冊です。

大成功という結果を知っているとはいえ、ハラハラもする一冊です。

>>続きを読む

ヤマト正伝 小倉昌男が遺したもの

吉岡泰一郎 氏  2017/10/19

 

「物流社長の本棚」ということもあり、
何ヶ月かに1度は物流関連の本を取り上げようと考えてますが、今回は、連続して小倉昌男さんに関する本を選びました。

共感できるところがとにかく多いことが取り上げる要因です。

そして、そもそも、Amazonでも日経新聞でも、とにかく私の目につく範囲に小倉昌男さんに関する本が登場する機会が多いこともあります・・・

>>続きを読む

勝ち続ける会社をつくる起業の教科書

吉岡泰一郎 氏  2017/7/25

 

著者の野坂英吾社長とは、10年近く前にご紹介いただき、お話をしました。
(わたしのブログに記録されてました。。)
http://blog.livedoor.jp/trabox/archives/51449420.html

お酒を飲みながら話しているうちに、足立区発祥の企業同士ということが分かったうえ、マラソンの話になり、国立競技場の練習会にお誘いして、距離がググッと近づきました。
(わたしのブログに記録されてました。。)
http://blog.livedoor.jp/trabox/archives/51503574.html

>>続きを読む

小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの

吉岡泰一郎 氏  2017/7/4

 

小倉昌男さんの著書『経営学』は、いつでも手の届くところにお置いてあります。

この【物流社長の本棚】でも2015年5月に紹介させていただきました。
http://www.ecologi.net/review/category/business-theories/150521.html

この本は、正しいことを貫く小倉昌男という人物の"公"よりも"私"にスポットを当てた1冊です。

>>続きを読む

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

成沢 拓也 氏  2017/6/22


GWを利用して何冊か読んだ本の中で、基本に立ち返ることのできる一冊をご紹介します。

2001年に第一刷が発行された本ですが、今回購入したものは2015年発行の第54刷でした。
第一刷が発行されてすでに20年近くも経ちますが現在も発行され続けている超ロングセラーです。
著者は2005年に他界しましたが、現在でも経営の神様としておそらく世界中の多くの指導者や経営者などマネジメントの立場にある人たちが彼の教えを指針としているのではないでしょうか。

>>続きを読む

ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み

吉岡泰一郎 氏  2017/5/23

 

Amazonが『これでもか!』というくらいに、わたしにこの本を薦めてきたところ、日経新聞2ページ目の広告にも掲載されていたので、読むことにしました。
(わたしは、日本経済新聞の広告に弱いです・・・)

>>続きを読む

強い会社の教科書

成沢 拓也 氏  2017/5/11


経営指導で有名な小山昇さんの本です。
題名に惹かれてBOOKOFFで買って読みました。

表題通り「強い会社になるための教科書」です。

著者の小山昇さんについてはご存じの方も多いと思います。
元々はサラリーマンとしてダスキンの代理店に入社した後、ダスキンの顧問を経て現職である株式会社武蔵野の社長になった人です。

>>続きを読む

HARD THINGS

吉岡泰一郎 氏  2017/4/06

 

ミーハーなわたしは、、、
「ビジネス書大賞2016 大賞受賞」
「ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶ ベスト経営書2015で第1位受賞 」
を見て、迷うことなく購入しました・・・

>>続きを読む

最強の経営者

吉岡泰一郎 氏  2017/1/24

 

大学卒業してから、約8年間を住友銀行で過ごしました。

当時から、「この人はスゴい!」と言われている人はたくさん耳にしましたが、 本を読み、ますます"一緒に働く機会があったらなぁ~"と改めて思ったお一人です。

また、一時期読み漁った高杉良さんの著書であったことも、その思いを増長させました。

>>続きを読む