トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » 仕事術・ビジネススキル  » 物流社長の本棚 / ビジネスパーソンとしても人を動かす極意について学ぶことができる一冊です

▼新着書籍


 

人を動かす話し方の極意

成沢 拓也 氏  2017/02/23


小学生の息子からプレゼントされて読みました。
昨今ブームの田中角栄本です。角栄のエピソードを軸に、人を動かす話し方についてフォーカスして書かれています。

田中角栄というと、豪快でカリスマ性のある政治家であり、田中派を率いて強大な権力を持ち、日本列島改造論を唱え日本列島に高速道路や新幹線を通すことに邁進し、橋やトンネルなども多く作り、金権政治の代名詞といわれるような派手なお金の使い方をした人。という認識でした。

おそらく、僕と同じ世代の人はそんなイメージだと思います。
僕より上の世代にはどうやら熱狂的に支持をしている方が多くいらっしゃるように感じます。また、下の世代の人たちはあまり深い認識がなく「昔のすごい政治家」というくらいの印象なのではないでしょうか。

ではなぜいま角栄なのか?なぜ人は角栄に魅了されるのか?なぜ角栄は人を動かせたのか?
この本を読むと、その答えは角栄の持つ「人間味」にあるのだということを知ることができます。

「理」と「情」そして「ユーモア」を巧みに使いこなしたカリスマ宰相である角栄。
実は総裁にいた期間は2年半だけだったとは驚きです。
今なお人々を魅了してやまない角栄、その人間味に触れることで、ビジネスパーソンとしても人を動かす極意について学ぶことができる一冊です。




Share