トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル  » 仕事術・ビジネススキル  » 物流社長の本棚 / 本当に面白くてとても大きな影響を受ける素晴らしい一冊でした。

▼新着書籍


 

天才!成功する人々の法則

成沢 拓也 氏  2016/12/06


「天才」という題の書籍がベストセラーになった時、偶然ネット通販の検索で引っかかったのですが、内容に非常に興味を持ったので合わせて購入しました。
読んだ感想ですが、本当に面白くてとても大きな影響を受ける素晴らしい一冊でした。

マルコム・グラッドウェルはイギリス生まれのカナダ人、いま世界で最も人気のあるビジネス書著者ともいわれている大変有名な著者・講演者です。

数多くのベストセラーを出していて、僕でも彼の名前は知っていました。
(確か、ライフネット生命の出口さんの著書にも彼の名前が載っていたと記憶しています)

本書「天才!(OUTLIERS)」がどのような条件のもと誕生するかについて大変興味深い考え方で書かれています。
(ちなみに「天才」と「OUTLIERS」の語彙のニュアンスには少し違いがあるかもしれません)

天才が誕生する条件について、彼はズバリ「好機」に恵まれていることだといっています。
天才といわれている人でも違う時代の違う環境に暮らしていたのであれば、もしかしたら彼らは脚光を浴びなかったのではないかということです。

そのことについてわかりやすい例としてシリコンバレーの巨人たちの生年を挙げています。
ビル・ゲイツ 1955年10月28日
ポール・アレン 1953年1月21日
スティーブ・パルマ― 1956年3月24日
スティーブ・ジョブス 1955年2月24日
エリック・シュミット 1955年4月27日
彼らシリコンバレーの巨人たちは驚くほど限られた生年に集中しています。(もちろんこれら以外の年に生まれた人もいます)

彼らはこの時代の端境期にしかもコンピューターに没頭できる環境に育ったからこそシリコンバレーで名をはせたわけで、もし違う時代に生まれていたのであれば、生物学者になっていたかもしないし、普通の人で終わっていたかもしれません。

天才について語る時に、彼らの苦労や努力についてその理由を見つけようとしてしまいますが、本当に影響が大きいのは「いかに好機に恵まれたか」であるということに気づかされました。

例えば会社を例にとってみると、従業員の仕事の成果について同じことが言えると思います。
彼らの成果が期待通りでない場合、それはもしかすると個人の努力のせいではなく、会社が与えている環境に原因があるのではないかと考えることも必要なのではないでしょうか。

こんなことを考えさせられた一冊でした。




Share