トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル



破天荒フェニックス

成沢 拓也 氏  2019/04/22

まるで漫画「ワンピース」を彷彿させるかのような、まさに破天荒な冒険ストーリーです。
メガネチェーンのオンデーズの再生ストーリー。
(ちなみに僕はこの本を読むまでオンデーズの存在を知りませんでした。)
著者は2008年に当時30歳の時にそのオンデーズを個人で買収しました。

>>続きを読む

UBER ウーバー革命の真実

吉岡 泰一郎 氏  2019/04/08

「トラボックス」という空いているトラックと運びたい荷物のマッチングサイトを 運営しているので、「物流版UBER」について照会されることが多々あります。

海外で乗客として利用しますが、ドライバーとしての利用はもちろんありません。 ユーザー(ドライバーと乗客(ライダー))両面から、UBERについて記していることに興味をもちました。

>>続きを読む

なぜ倒産

吉岡 泰一郎 氏  2019/03/20

わたしの好きなテレビ番組に「がっちりマンデー!!」という経営向けの番組があります。
割と欠かさずに見ている中、著名経営者の本棚を公開するシーンがありました。
みなさん、たくさんの本をお持ちでしたが、HIS澤田会長の本棚に「倒産」にまつわる本が、たくさん並んでいました。

早速、購入してみました。

>>続きを読む

女性の視点で見直す人材育成

成沢 拓也 氏  2019/02/18

ここ数年、人材活用の話の中でダイバーシティ/ダイバーシティマネジメントという言葉をよく耳にするようになりました。

ダイバーシティとは多様性を意味する言葉で、一般的にダイバーシティマネジメントと呼ぶ場合には企業がジェンダー:性差(国籍、セクシャリティ、文化、宗教)に関係なく活躍できる体制作りをすることを意味します。

>>続きを読む

昭和元禄落語心中

吉岡 泰一郎 氏  2019/02/18

旧知の友人と言うには恐れ多い"弊社の恩人の一人"に
年末に二人で忘年会を催したとき「これ、面白いよ!」とご紹介していただいた本です。
本自体も、漫画やNHKのドラマにもなっていることも、そのときに初めて知りました、、、

>>続きを読む

物流社長の本棚/誰かを幸せにするために 大人の流儀8

吉岡 泰一郎 2019/02/01


年末年始に本をたくさん買い込みました!

どれを今年初の書籍として、本棚から取り出そうかと思ったところ、著者のテンポがピッタリくるこの本を選びました。
"物流社長の本棚"で紹介するのは、船井幸雄さんに続き、3度目の著者です。

>>続きを読む

物流社長の本棚/学びを結果に変えるアウトプット大全

成沢 拓也 2019/01/15


アウトプット大全は数々のベストセラーで有名な精神科医の樺沢紫苑さんの著書です。
僕は知りませんでしたが、ご自身で「日本一、発信する医師」と紹介されている通りブログやYouTubeでたくさんの発信をなさっています。

>>続きを読む

物流社長の本棚/ラグビーが教えてくれること

吉岡泰一郎 氏  2018/12/20


小学生のご子息にも読んでいただける分かりやすい内容でラグビーの魅力を綴った一冊です。

親しくさせていただいている方が内容に登場していることもあり、ぜひともお薦めしたいです。

読んでるだけでウルウルできます、、、

>>続きを読む

物流社長の本棚/リーダーが覚えるコーチングメソッド

吉岡泰一郎 氏  2018/11/16


取引先の大手企業社長にお薦めいただいた一冊です。

その場でポチッと購入し、翌日に読み、感想は次回お目にかかった時にお話しすることになっています。

この本もさることながら、大手企業社長の勉強する姿勢、自らの成長をどこまでも伸ばしていこうとする意思・意欲を目の当たりにしました。

>>続きを読む

書店主フィクリーのものがたり

成沢 拓也 氏  2018/11/12

 

こちらのコーナーに僭越ながら書評を書かせていただいてから、実用書や業界本を中心にたまには新書もご紹介させていただいてきました。
小説はというと趣味の世界という認識もあり遠慮していたのですが、最近少し考え方が変わり「小説も教養の一環」と思えるようになってきました。
理由の一つは、一年ほど前に読んだ「死ぬほど読書(丹羽宇一郎)」で丹羽さんがこう言っておられたからです。
「人間を成長させるために読書は必要、ただ実用書や専門書だけでなく小説や時には雑誌なんかも大事」
今回はそんな理由もあり小説をご紹介させていただきます。

>>続きを読む