トップ » 物流社長の本棚 » ジャンル



死ぬほど読書

成沢 拓也 氏  2017/03/28


伊藤忠商事の社長、会長を歴任されバブル崩壊の時期には4000億もの不良債権を一括処理しながらも、翌年の決算で同社史上最高益を計上し、世間を瞠目させたことで知られる宇和さんの著書です。

書店のベストセラーのコーナーから選んで購読しました。

>>続きを読む

六韜

吉岡泰一郎 氏  2017/08/31

 

社長になって10年以上が経ち、アラフィフとなりました。

経験値が上がり、成長しているかどうかはともかく、、、
目に見えて年下だけれど、しっかりした経営者が周りに増えています。

この一冊もひと回り以上年齢が離れた社長に薦められ、読了しました。
イイ本です!

>>続きを読む

宅配がなくなる日 同時性解消の社会論

成沢 拓也 氏  2016/06/29


書店ベストセラーのコーナーに平置きされていたので読みました。
最近物流関連の書籍が販売上位に入ることが多いようです。

ニュースでヤマト運輸によるアマゾンの取り扱いについて報じられたことがきっかけで、注目度が上がっていることが大きな要因だとは思いますが、総じて物流が注目されているのではないかと思います。

>>続きを読む

君の膵臓をたべたい

吉岡泰一郎 氏  2017/08/08

 

驚くくらい物流社長と関係ないと思います、、、

ラグビー関連の本以外を、ほとんど読んでいるところを見たことのない息子(高校一年生)に『父の日』にプレゼントされた本です。
それは新品ではなく、息子が読み終えた本でラッピングだけは新しくなってました。

自分が読んで面白かった本を、わたしにも読んで欲しかったのでしょうか・・・

>>続きを読む

勝ち続ける会社をつくる起業の教科書

吉岡泰一郎 氏  2017/7/25

 

著者の野坂英吾社長とは、10年近く前にご紹介いただき、お話をしました。
(わたしのブログに記録されてました。。)
http://blog.livedoor.jp/trabox/archives/51449420.html

お酒を飲みながら話しているうちに、足立区発祥の企業同士ということが分かったうえ、マラソンの話になり、国立競技場の練習会にお誘いして、距離がググッと近づきました。
(わたしのブログに記録されてました。。)
http://blog.livedoor.jp/trabox/archives/51503574.html

>>続きを読む

アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書)

成沢 拓也 氏  2017/07/13


著者の角井亮一さんは、物流業界の著名人で昨今の物流問題(ドライバー不足や高齢化、再配達問題等々)についてテレビで取り上げる際に、専門家としてメディアに多く出られているのでご存知の方も多いことでしょう。

>>続きを読む

小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの

吉岡泰一郎 氏  2017/7/4

 

小倉昌男さんの著書『経営学』は、いつでも手の届くところにお置いてあります。

この【物流社長の本棚】でも2015年5月に紹介させていただきました。
http://www.ecologi.net/review/category/business-theories/150521.html

この本は、正しいことを貫く小倉昌男という人物の"公"よりも"私"にスポットを当てた1冊です。

>>続きを読む

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

成沢 拓也 氏  2017/6/22


GWを利用して何冊か読んだ本の中で、基本に立ち返ることのできる一冊をご紹介します。

2001年に第一刷が発行された本ですが、今回購入したものは2015年発行の第54刷でした。
第一刷が発行されてすでに20年近くも経ちますが現在も発行され続けている超ロングセラーです。
著者は2005年に他界しましたが、現在でも経営の神様としておそらく世界中の多くの指導者や経営者などマネジメントの立場にある人たちが彼の教えを指針としているのではないでしょうか。

>>続きを読む

平尾誠二 人を奮い立たせるリーダーの力

吉岡泰一郎 氏  2017/06/13

 

平尾誠二さん。同世代のラガーマンで知らない人はいません。

生前、息子の学校(男子校)へ「男子の子育て」についての講演がありました。
(読書と同じくらいに人の講和を伺うのが好きな私は・・・)喜んで参加しました。

>>続きを読む

日本のコピーベスト500

近藤智平

近藤智平 氏  2017/06/01

 

 ここ最近は哲学の本に傾倒し、頭が疲れた時は簡単に読める村上春樹や純文学などを読むようにしていた。
頭に負担の掛かる本と掛からない簡単な本。敢えてそういった物を選んでいる中で、突如出会った本がこれである。

>>続きを読む