トップ>>物流社長の本棚

書評サイト記事一覧

天才を殺す凡人

成沢 拓也 氏  2019/06/20

公開瞬く間に30万PVを超えた超人気ブログ「凡人が、天才を殺すことがある。」を書籍化したものだそうです。

職場の人間関係のなぜ?や、職場で才能が潰されているシーンについて、「天才」「秀才」「凡人」という3つのタイプの人の関係性で説明するというとても面白い設定で書かれている本です。
ベストセラーになった「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?」山口周著以来、「アート」「クラフト」「サイエンス」という軸で語られることが多くなったような気がしますが、三軸の理論というのは理解しやすいのかもしれませんね。


スタンフォードでいちばん人気の授業

吉岡 泰一郎 氏  2019/06/14

「職場のデスク近くに置いておきたい1冊」
「スタッフに薦めたい1冊」です。

事例が身近で分かりやすく、納得感があるのはもちろんですが、「相手に対する気配りを忘れない」や「思いやり」という言葉が何度も繰り返されることに共感を覚えました。


会計の世界史

吉岡 泰一郎 氏  2019/06/07

誰もが知る有名企業の社長と会食をしたときに 「最近、どんな本がお薦めですか?」と、いつものように質問しました。

返ってきた答えがこの本でした。 残念ながら、わたしの知らない本だったので、その場でポチッと購入しました。

しかし、社長の顔を立てるとか、おべっか(?)で選んだ本ではありません。 "会計の歴史をここまで読みやすく、分かりやすく読めるのか"と感動すらした本なので紹介します。


ブルックリンでジャズを耕す

成沢 拓也 氏  2019/05/27

Senri Oe のアルバム「Boys & Girls」を聴きながらこのコラムを書いています。
一曲目は「10 People,10 Colors」

10 People,10 Colors・・・?
日本語訳すると・・・
そうです「十人十色」

かつて十人十色などの曲でヒットしたシンガーソングライターの大江千里さんですが、なんと今はSenriOeとしてアメリカでジャズアーティスト(ピアニスト)になっていらっしゃいました。


破天荒フェニックス

成沢 拓也 氏  2019/04/22

まるで漫画「ワンピース」を彷彿させるかのような、まさに破天荒な冒険ストーリーです。
メガネチェーンのオンデーズの再生ストーリー。
(ちなみに僕はこの本を読むまでオンデーズの存在を知りませんでした。)
著者は2008年に当時30歳の時にそのオンデーズを個人で買収しました。



ジャンル別新着記事

物流社長の本棚とは?
「物流社長の本棚」は単なる書評サイトではありません。
「物流社長の本棚」は、物流企業経営者のための“おすすめ本”を紹介するサイトです。
厳選された業界関係者の読み手が、何冊もの本を読み、その中から、1冊を選び出して紹介するページです。

ジャンル一覧

推薦者一覧
  • 吉岡泰一郎氏 トラボックス株式会社
    代表取締役社長
    吉岡泰一郎
  • 近藤智平氏 夏島運輸株式会社
    専務取締役
    近藤智平
  • 森松 長照氏 森松産業株式会社
    代表取締役
    森松長照
  • 吉川国之氏 茨城乳配株式会社
    代表取締役副社長
    吉川国之
  • 成沢拓也氏 株式会社エスワイ・ロジステックス
    取締役
    成沢拓也

年間記事閲覧ランキング 11月16日更新!