お問い合わせ

トップ » 人材採用・定着化記事アーカイブ  » ドライバー専門の人材サービス 「フルキャストポーター」設立 全国展開めざす / 『物流ウィークリー』ニュース

人材採用・定着化記事アーカイブ



ドライバー専門の人材サービス 「フルキャストポーター」設立 全国展開めざす / 『物流ウィークリー』ニュース (2017年11月15日)

 フルキャストホールディングス(フルキャスト、東京都品川区)はこのほど、ドライバー専門の人材サービスを手がけるフルキャストポーター(ポーター、東京都新宿区)を立ち上げた。
 小田延宏社長は、「フルキャストはもともと、工場や倉庫の作業員など、いわゆるブルーカラーの派遣・紹介業務を得意としてきたが、近年、派遣ドライバーのニーズが急増していることを受け、新会社設立に至った」と経緯を説明する。


 フルキャストの登録者を対象にしたアンケート調査によると、「ドライバー職について『興味がある』、もしくは『経験がある』と回答した割合は、半数以上」という。同社長はこの結果を「想定以上だったが、実際にドライバー職に就くという行動には至っておらず、ハードルの高さがうかがえる」と分析する。


 ポーターでは、「ドライバー未経験」から「3年前後」「ブランクがある」といった「ライトな層」をメーンターゲットとしている。「物流業界の人手不足は深刻。一生の職を決めかねている人や、短時間だけ手があく女性なども、『まずは派遣ドライバーから』なら、働きやすいのでは」と語る。「万一、肌に合わなければ、期間満了で更新しないという選択もできる」


 「ドライバーのネガティブなイメージを払拭し、ハードルを下げたい。当社スタッフのサポートを受けながら、まずは経験を積んでもらいたい」と語る同社長。「ゼロベースのドライバーを育成、というとおこがましいが、選択肢の一つにしていただけるようサポートしたい」と語る。


 「スタート時から派遣登録者の反応は好感触」と笑みをこぼす。「深刻な人材不足のいま、就労条件を細かく提示される派遣登録者も多い」というが、「荷下ろしを2〜3時間や、仕分けを4時間のみなど、短時間だけ人手が欲しい企業側のニーズにも応えられる」と胸を張る。


 同社長は、「ドライバーの採用単価は高まっている。自社ドライバーを抱えるよりは派遣ドライバーの方がトータルでみるとコスト削減できることも多い」と付け加える。


 現在は首都圏を中心に対応しているが、今後は東名阪、九州、ひいては全国への展開を目指す。「業界全体が良くなるようなトータルソリューションを提供していきたい」と意気込んだ。


◎関連リンク→ 株式会社フルキャストポーター



アイコン このテーマの無料テキストダウンロード







Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.