お問い合わせ

トップ » 他社様物流関連セミナー・イベント・商品紹介  » 【フジテックス】日本初、トラック向け積載量測定センサー『トラックウェイ』を新発売!

他社様物流関連セミナー・イベント・商品紹介



【フジテックス】日本初、トラック向け積載量測定センサー『トラックウェイ』を新発売! (2017年11月28日)

ニュースリリース

株式会社フジテックス
2017.11.28

============================

日本初、トラック向け積載量測定センサー『トラックウェイ』を新発売
全世界で2万台以上の販売実績︕︕
高速道路走行中の軸重違反もこれで心配なし︕
過積載も防止させます︕

============================


株式会社フジテックス(本社:東京都新宿区、以下当社)は、
グローバル計量機器メーカーであるVPG Onboard Weighing 社(イギリス)の
日本総販売代理店として、リアルタイムにトラック積載量を測定できるセンサー
『トラックウェイ』を新発売します。

全世界で2万台以上の売り上げ実績を誇る本製品。
車体のサスペンションに専用のセンサーを付け、
各々の軸重、総重量、最大積載量を常時測定。
ドライバーはそれを運転席で専用のモニターを見ながら、
トラックの荷物の積載量をリアルタイムに確認出来ます。

最大積載量を予め設定しておくと、積載量が最大に到達した時点で
アラームが鳴る機能も搭載しているため、
"気づかないうちに過積載になっていた・・・" という事態を免れます。

さらに、本製品のモニターには各軸重を表示させる画面があります。
これにより、高速道路に入る前の軸重違反対策としてご活用頂けます。

使い方もシンプルであり、トラックに最短で4時間程度で本製品を取り付け致します。
大きな特徴として、本製品はあらゆるトラックに後付けが可能であります。
リーフ式サスペンションの場合は歪みで、エアサスペンションの場合は空気圧の変化で、
トラックの積載量を測定していく仕組みです。〈既に日本での特許も取得済み〉

日本市場への導入背景としては、国土交通省による過積載車両への取り締まり強化。
過積載を繰り返す運送業者だけでなく、荷主側の社名も公表されます。
両者が取り締まりの対象となる流れを受け、
リアルタイムに積載量を測定できる本製品のニーズが高まると予想されています。

高速道路の損傷の原因の一つとして過積載車両が挙げられ、
本製品はトラックの過積載防止として、今後、大きな役割を果たします。
また、物流業界・運送業界において、
本製品を活用し適正な積載量を厳守することが、
運送会社と荷主に求められており、
安全で無事故の社会に貢献することが期待されております。



■『トラックウェイ』 商品紹介WEB ページ
『物流倉庫プランナーズ』 -トラック過積載モニタリングシステム
https://www.chuko-matehan.com/logiplanners/products/onboard-weighing/



■VPG Onboard Weighing 社HP
http://www.vishaypg.com/onboard-weighing/



■会社概要
社名:株式会社フジテックス (http://www.fjtex.co.jp/)
所在地:東京都新宿区大久保3―8―2 住友新宿ガーデンタワー13 階
設立:1986 年 (資本金 3 億円)
事業内容:販促事業 環境事業 健康事業 物流事業、エネルギー事業、人材事業、海外事業


■ 本プレスリリース・製品に関するお問合せ
株式会社フジテックス 物流事業部 担当︓中山
TEL: 03-5155-2030/FAX: 03-5155-2031
メール:h-nakayama@fjtex.co.jp
問合せフォーム︓ https://www.chuko-matehan.com/logiplanners/products/onboard-weighing/









Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.