お問い合わせ

トップ » 三村信明の経営コラム  » 人事評価の考え方(1)

三村信明の経営コラム



人事評価の考え方(1) (2018年11月21日)

【事例1】
配送のAさんは、ベテランドライバーで、
真面目で温厚な人柄からも社内で接する態度も優しく、
仲間から好感を持たれています。


もちろん、仕事をさぼるようなこともしていません。
そのため、上長はAさんに対する顧客満足度を高いと評価しました。


この考え方は正しいでしょうか?
答えは、間違っている、です。


社内で評判がいいからといって、
社外でもいいだろうと判断してはいけません。


たとえば、営業によくよく聞いてみると、
Aさんは客先では無愛想。


むしろ、ブスッとした顔で荷物を積み込んでいるらしい
といったことや、お客様から話しかけられても
「はい。」や「いいえ。」程度しか答えない。


あげく質問されても、「自分にはちょっと・・・。」
といった返答をしているといったことがあります。


このような場合、顧客満足度は低いとなります。
あくまで、事実で判断するようにしましょう。


【事例2】
配送のBさんは、皆とワイワイやるのが大好きで、
誰とでも分け隔てなく話しをすることができます。


プライベートでの遊びも大好きで、
若い人を誘っては街にも繰り出しており、
夜のお誘いについては麻雀も飲みにいくのも断ったことがありません。


そのため、協調性は高評価にしました。


このような考え方はどうでしょうか?


こちらも、間違っています。
あくまで、勤務についての評価をしなければなりません。
仲間と仲良くやることだけが協調性でないので注意しましょう。


アイコン このテーマの無料テキストダウンロード







Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報保護方針  個人情報の取扱いについて  ソーシャルメディアポリシー
特定商取引法に基づく表記  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.