お問い合わせ

トップ » メディア掲載情報  » 【保険毎日新聞】運送会社の採用・定着テーマにセミナー 自社HPの活用が有効

メディア掲載情報



【保険毎日新聞】運送会社の採用・定着テーマにセミナー 自社HPの活用が有効 (2016年11月24日)

保険毎日新聞に、「運送会社の採用・定着テーマにセミナー 自社HPの活用が有効」記事に、チーフ経営コンサルタント河内谷庸高が掲載されました。



運送会社の採用・定着テーマにセミナー 自社HPの活用が有効


 三井住友海上経営サポートセンターは11月2日、東京都千代田区の三井住友海上駿河台ビルでトラック運送事業者向けセミナーを開催した。

 船井総合研究所運輸・環境グループの河内谷庸高チームリーダーが「中小運送会社の社長が取り組むドライバー採用・定着の秘訣」をテーマに、時代に則した人材募集方法や定着率向上の取り組みについて解説した。当日は、物流業、運送業、倉庫業など44社から55人が参加した。




 河内谷氏はまず、運送ドライバーが不足する背景について解説。その理由として、労働力人口比率の低下や業務不可の増加、若者のトラックドライバー離れ、他業界との激化を挙げた上で、求人誌・フリーペーパーは競合求人数が増加している他、新聞折り込みは発行部数が減少していることなどから、今までと同じ募集方法・内容では、人材が集まりにくくなっていると指摘した。

 また、昨今の求職者はインターネットで応募企業を探す傾向にあることから、「自社のHPを活用していくことが有効だ」と強調した。


news_form.jpg

 その上で、自社HPのアクセス数を増やす方法には、リスティング広告と「indeed」を用いる方法があると紹介。
リスティング広告は、企業が事前に設定したキーワードで検索された場合にのみ広告を表示するしくみのため、マッチング率が高いとメリットを説明した。一方、「indeed」は、インターネット上に公開されている求人広告をまとめたサイトで、同サイトに対応した自社HPを作成して申請すると、自社のHPに誘導できるとともに、職種別のページを作成することでアクセス数を大幅に増やすことができると述べた。


 自社HPを作成する際には、社内の様子・社風を感じさせる写真・動画を多く掲載する、経営トップの顔、思想を見せる、仕事内容、就業体系、雇用条件などを分かりやすく掲載する、成長ステップや事故防止の取り組み、福利厚生などを訴求すると効果的だとした。


 さらに、ハローワークでの募集も有効な手段として、求人票の書き方について解説した。記入欄をフル活用して具体的に記入するとともに、安心・安全に関する言葉や理念・方針・ビジョンを盛り込むとよいとした他、車種、職種、営業所別に細分化すると反響が多くなるとした。


 定着率向上のための取り組みについては、入社試験の前に会社・仕事内容について説明会を実施して、ミスマッチを防止している企業の事例を紹介した。



初期教育期間の重要性指摘

 また、ある企業では添乗指導期間中(入社後1~2週間)の退職者が多かったため、添乗者に指導の目的や心得をきちんと伝えるとともに、教育内容の抜けをなくすために新入社員研修カリキュラムを作成するとよいと指摘した。加えて、ドライバー個人の志向を把握して適切にフォローする他、家族も参加できるイベントを開催するといったことも有効だとした。


●記載元 : 保険毎日新聞



アイコン このテーマの無料テキストダウンロード







Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.