お問い合わせ

トップ » メディア掲載情報  » 【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(15_2) / 橋本直行

メディア掲載情報



【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(15_2) / 橋本直行 (2017年06月05日)

物流新時代トラック情報社)に、上席コンサルタント橋本直行の記事が掲載されました。


↓ 画像をクリックすると拡大します ↓
「60歳代が活躍してます」って書くと若い人が来ます


news_form.jpg



「60歳代が活躍してます」って書くと若い人が来ます

有料求人媒体をどうやって書いたら来るか。これも実はハローワークとポイントは一緒なんです。




 まず、1車種1個です。お金払って出すのだから4トン車も10トン車の運転手も両方入れときたいってなりがちですが、4トン車も10トン車も両方入れると、10トン車に乗りたい人は、「もう10トン車が埋まったから4トン車でもいいですか?」って言われるのが嫌だったりするんですね。

 それと、10トン車と4トン車と2トン車が載ってる広告の横に10トン車しか載ってない広告があったらどっちを先に検討しますか、ということです。他の条件が一緒だったら、大型に乗りたい人は、大型しか募集してないところから、まずは検討するでしょう。

 だから1車種1個なんです。だいぶ試しましたが、そうした方が一人当たりの応募コストが落ちるんです。一番まずいのは、事務員などの他職種とドライバーの募集を一緒に載せるパターン。これは、ぶれます。

 また、未経験者への免許取得支援。これを打ち出すことで経験者以外の人も取り込んでいただきたい。

 それから、みんなびっくりするんですけど、「60歳代が活躍してます」って書くと若い人が来ます。

 なぜかというと、若い人を打ち出しすぎると、「この仕事しんどいのかな」と見えるんです。写真も若い人ばかりで、「若い人が頑張ってますよ」「どんどん来て下さい」。これををやりすぎると、この仕事よほどしんどくて長続きしなんだなと思われます。

 「20歳代から60歳代まで老若男女頑張ってます」ってやると、長く働けそうな仕事だな。また、長く働きたいと思ってる人が来ます。
 
 「そんなことしたら年配の人がいっぱい来るのでは」と言われますが、年配の人も来ますが、若い人も来るんです。




(ドライバーを集める運送会社についての講演より)



●記載元 : トラック情報社

>>求人票はホームページに誘導して下さい(15)
>>ハローワークでも人は来る(14)
>>求人は「レスポンシブルデザイン」で!(13)
>>人っていうのはホームページで採るものなんです(12)
>>人っていうのはホームページで採るものなんです(11)
>>ドライバーへの転職に立ちはだかる「嫁ブロック」(10-3)
>>辞める理由の9割は半径10メートル以内で起きている(10-2)
>>一ヶ月以内に辞める人が口にする「思ってたのと違いました」(10-1)
>>面接対応が悪いと採用しても来ない【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(9)
>>なぜ人が採れてないか、わかってない会社が多い【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(8)
>>ありがとうカードをたくさんもらった人を表彰するタクシー会社【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(7)
>>ドライバーのモチベーションを上げるには?【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(6)
>>使命を感じられる会社は人はやめない【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(5-2)
>>自分の仕事に成長を感じられる仕組み! 【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(5)
>>辞めやすい会社はお互いに無関心【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(4)
>>15人を超えたら評価システムが必要【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(2)
>>まずは安心できる会社【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(1)

アイコン このテーマの無料テキストダウンロード







Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.