お問い合わせ

トップ » メディア掲載情報  » 【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(12) / 橋本直行

メディア掲載情報



【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(12) / 橋本直行 (2017年02月09日)

物流新時代トラック情報社)に、上席コンサルタント橋本直行の記事が掲載されました。


↓ 画像をクリックすると拡大します ↓
楽しそうなHPは辞めにくい人が入ってくる


news_form.jpg



楽しそうなHPは辞めにくい人が入ってくる

 「ホームページは会社好きになる可能性の高い人に絞って作る」ということですが、ホームページにすごく楽しそうな写真を載せてる会社があります。ホームページで一番大事なのは写真です。こういう写真を入れていって、会社のことを知らせていきます。




 こういう写真を載せると、「俺は一人が好きだ」「人としゃべるの嫌だ」といった思いで、ドライバーをやりたいという人は来なくなります。そういう人にとって楽しそうな会社は嫌なんです。


 楽しそうなホームページは、仲間意識が高くて辞めにくい人が入ってきます。こういうのをぜひ作って欲しい。


 また、色々なリスクを考えて正社員募集を打ち出していない会社があります。しかし、基本的には正社員募集を打ち出した方が、長く勤めようと思っている人が本気で来ますので、できれば、打ち出して頂きたい。


 あと、ご家族向けのQ&Aのページとかを作られると非常にアクセスが多くなります。 


 今、ホームページは求職者向け、求職者の家族向けに作る時代です。ですから、よっぽど特殊な車を持って特殊な物流をやってるという会社以外は、荷主向けに作る必要はない。人が採れたら仕事が取れる時代なので、求職者向けに作って欲しい。


 ただ、気をつけて欲しいのは、荷主向けに見えるけど、求職者向けにというページを作って欲しい。安全にここまでやってますよ、これだけ教育やってますよ、これぐらいドライバーを大事にして荷主に貢献しようとしてますよとか、を出して欲しい。


 なぜかというと、求職者だけに訴求しているように見えてしまうと、「この会社はよほど人が採れていないな」と思われるんです。トップページを開いたら、人募集、人来て下さい、人足りない、となると荷主へのイメージが逆に悪くなります。



(ドライバーを集める運送会社についての講演より)



●記載元 : トラック情報社

>>人っていうのはホームページで採るものなんです(11)
>>ドライバーへの転職に立ちはだかる「嫁ブロック」(10-3)
>>辞める理由の9割は半径10メートル以内で起きている(10-2)
>>一ヶ月以内に辞める人が口にする「思ってたのと違いました」(10-1)
>>面接対応が悪いと採用しても来ない【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(9)
>>なぜ人が採れてないか、わかってない会社が多い【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(8)
>>ありがとうカードをたくさんもらった人を表彰するタクシー会社【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(7)
>>ドライバーのモチベーションを上げるには?【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(6)
>>使命を感じられる会社は人はやめない【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(5-2)
>>自分の仕事に成長を感じられる仕組み! 【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(5)
>>辞めやすい会社はお互いに無関心【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(4)
>>15人を超えたら評価システムが必要【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(2)
>>まずは安心できる会社【物流新時代】今の時代にドライバーを集める運送会社(1)








Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.