お問い合わせ

トップ » 環境ビジネス最前線  » 【環境ビジネス最前線】農業経営における成功ポイント

環境ビジネス最前線



【環境ビジネス最前線】農業経営における成功ポイント (2011年12月06日)

今回の執筆コンサルタント

前田 慶明

入社後、"環境事業"や"飲食"に携わる企業を中心にコンサルティングを行っている。
特に中小企業の「新規農業参入」をテーマに特化しており、農業生産法人の立ち上げから、畑での農業指導までのコンサルティングを行う。
近年では飲食店活性化・食品リサイクル事業の新規立ち上げ支援など、"環境"や"農業"に携わる企業のコンサルティングも行っている。


今回は、農業経営における成功のポイントをお伝えさせていただきます。

皆様、農業にどのようなイメージをお持ちですか?

物流関連企業の皆様から見て、農業は他の業界と比較した際、様々な点で遅れていると感じられる方も多いと思います。

私自身も、全国各地の農業者とお話させていただく中で、業界としての遅れを感じることが多々あります。

特に、農業経営者という点では、改善部分は多くあると感じています。


農業経営における最大の課題は、市場相場に左右される不安定な経営体質 です。

一般的な農産物流通では、JAや市場を経由していますが、これらの流通では、 農産物を出荷した後に商品単価が確定 します。

つまり、 出荷した時点では売価がわからない のです。
ましてや、 野菜の生産を始める時期では売価は全く読めません 。

近年では異常気象などの影響もあり、市場相場における価格変動幅は大きくなり、以前よりも相場の予測が困難 になってきています。

この傾向は今後も続いていくことでしょう。
安定した農業経営を実現することは至難の業です。

news_form.jpg

では、これから農業で成功するためには、どのような経営をしていく必要があるのか。
成功のポイントは、「契約栽培」です。

契約栽培では、農産物の売上を事前に想定できます (一定品質以上の農産物を生産することが前提です)。

売上が想定できるということは、 自社の経営資源を「どこ」に、「どれほど」投下すべきかの判断を的確に行うことができる のです。

そうすることで、確実に利益を出すことができるのです。


今後、安定的な農業経営を実現し、成功するためには、受注生産型の農業である契約栽培で収益のベースを積み上げ、事業拡大を図っていくことがポイント になってくるのです。

皆様も、農業事業を展開していく際には「契約栽培」を事業のベースに経営していくことをお勧めいたします。



●記載元 : 物流・運送・ロジスティクスの業界の総合専門誌『物流ウィークリー』








Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.