お問い合わせ

トップ » 環境ビジネス最前線  » 【環境ビジネス最前線】「6次産業化」という新ビジネス

環境ビジネス最前線



【環境ビジネス最前線】「6次産業化」という新ビジネス (2011年09月14日)

今回の執筆コンサルタント

■楠元 武久


学生時代は土壌が専門、その後、商社にて肥料原料の取引業務担当。
1998年より船井総合研究所に入社。
環境負荷が少なく、循環型社会を実現する農業のあり方を推進中。

「6次産業化」 という言葉をご存知ですか?

これは、農林水産の分野で間違いなく、2011年のキーワードとなる言葉です。


内容は、 1次産業(農林業、水産業)の方が、「生産活動」のみならず、「加工や商品開発などの2次産業」的発想や、「販売やマーケティング活動などの3次産業」までを行うことで付加価値を高め、事業活性化を図りましょう 、という考え方です。


たとえば、これからの農家は単に牧場で牛を育てるだけでなく、そこで得られる牛乳を使い、 オリジナルアイスを開発したり、そのアイスを売るために自ら通販のネットショップを立ち上げたり
しなさい、ということです。

言葉にすれば簡単ですが、日々多忙な生活を送る農家や生産者が、それをするためにどれだけの時間や労力を使えるかというと、とても疑問です。

それに、モノを作ったり打ったりするには、専門的な知識やノウハウも必要とします。


そこで政府としては、 これらの事業をサポートするための国家資格を新たに創設 しました。

その名称は、「6次産業化プランナー」 、この取り組みは、農林水産業の改革における菅政権(当時)の目玉と言われています。

すでに「プランナー」の公募は終わっており、全国からの希望者が書類審査で選ばれていますが、
今後、 順次追加募集 をしていく予定です。


news_form.jpg

私が思うのは、 ぜひこの記事を読まれている方こそ、この資格に応募して欲しい のです。

現在まで、どういう方が応募されているかというと、圧倒的に「コンサルタント」及び 「中小企業診断士」の人なのです。

逆に皆さんのような、 特定の分野での実務経験、ノウハウを持つ実務者、経営者の方こそ不足している のです。

ぜひ、「6次産業化プランナー」に注目してみてください。
ご質問のある方は、下記のお問い合わせフォームより楠元(くすもと)までご連絡ください。



●記載元 : 物流・運送・ロジスティクスの業界の総合専門誌『物流ウィークリー』








Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.