お問い合わせ

トップ » ズバロジ!インタビュー  » ズバリ商品インタビュー  » 「利益を出し続ける」運送会社の経営手法はコレ! (株)グリーンベルのコンサルティングでガッツリ!

ズバリ商品インタビュー



「利益を出し続ける」運送会社の経営手法はコレ! (株)グリーンベルのコンサルティングでガッツリ! (2017年04月13日)

株式会社グリーンベル


2017.4.12
「ズバリ商品インタビュー」 Vol.51

運送会社向け経営改善提案といったらこの人!幅広く、運送会社向けファイナンスサービスやトラックの販売を展開する株式会社グリーンベルの代表取締役 葛西社長にお話を伺いました。

会社要概

株式会社グリーンベル

社名

株式会社グリーンベル

代表者

代表取締役 葛西 宣行

創業

2004年11月

所在地

〒215-0022
神奈川県川崎市麻生区下麻生1-32-37

TEL

044-980-0035

FAX

044-980-0036

URL

http://www.green-bell.net/

業務内容

運送会社向けサービス
新車・中古車トラック販売
ファイナンスリース
自動車保険
トラックレンタル・短期リース
コンサルティング
中古トラック情報誌ゲットラック発行




株式会社グリーンベル

インタビュアー(以下、高橋):中古トラック情報誌【ゲットラック】を出されていて中古トラック販売のイメージが強いグリーンベルさんですが、運送会社の経営支援や立て直しにも注力されているとお聞きしました。本日はその内容についてお聞かせ下さいませ。



葛西氏:宜しくお願いします。



高橋:まずはタイトルの運送会社の利益を出し続ける手法について運送会社の社長さん達は非常に興味がある所かと思いますが、御社のサービス内容についてお聞かせ下さい。



葛西氏:端的にいうと 運送会社って儲かるんです。儲かっている運送会社と同じ事をすれば儲かります。 それが簡単にできたら苦労しませんよね。私達グリーンベルではそれを簡単に、そして目の前のお客様をいかに儲けていただくかをモットーに日々活動しております。



高橋:そんなに簡単にできるって究極なコンサルティングですよね!詳しくお話しいただきたいのですが・・・。



運送業界って運賃相場が赤字なんです!


葛西氏:まず運送会社は普通に経営するとまず赤字になります。よっぽどデキレースで仕事を貰えてるか、優秀な営業と配車係が効率の良い組み合わせを組むか、過労働や過積載等のコンプラ違反でもしない限り、運送会社って黒字にならないんです。



株式会社グリーンベル

高橋:葛西社長 言ってること真逆ですけど・・・?



葛西氏:まずはそこを知ることから始めなければなりません。世の中には相場があります。牛乳や軽油にも相場があるように運賃にも相場があります。そして人件費やトラックなど輸送原価にも相場というものがあり、輸送原価相場が運賃相場より高く、新車を買ってリースや償却をしていくと当たり前に赤字になるのです!



高橋:そこからの黒字転換という事ですよね



葛西氏:はいそうです。新車を買うと、申し上げました。新車を5年償却、もしくは5年リースでは黒字にならない運賃相場という事を知らなくてはなりません。



高橋:その相場の中、グリーンベルのコンサルティングはいかにして黒字転換させるのでしょうか?





毎日の利益が見えたら 改善ポイントを行動計画に


葛西氏:はい ここからがポイントの説明になります。まずは現状を把握します。相場、相場と言っても相場より安い運賃で請け負ってる会社も多く見られます。

弊社では「運送会計式」と呼んでますが、輸送原価を7大原価に分けて毎日の利益を見える化します。7つの原価に割り振ることで削減すべきポイントが見えてきます。これを基礎に生産性を上げる為のシュミレーションを容易にし、課題、目標、数値を設定するのです。 そうです事業計画です。



高橋:なるほど 運送会計って初めて聞いたキーワードですが、輸送原価を7つの原価に分ける方式なんですね



葛西氏:科目を統一した所で、どこを改善出来るかシュミレートします。運賃が高いのか、安いのか、燃費を10%改善すると利益がいくらになるとか、人件費率が高いとか。



高橋:ではここから、いかに黒字転換させるのでしょうか?



葛西氏:現状の分析が出来、売上と原価、利益(損益)が確認出来たら、生産性を改善していきます。運送業の利益を出す手法として、稼働日数を増やす事と保有台数を増やし、間接コストの販売管理費を薄める事で生産性を上げていきます。しかしここ普通は壁にぶつかります。相場という壁に。



高橋:車を増やすという事は先ほどおっしゃってた、新車をリースで入れると赤字・・・でしたよね?



葛西氏:そうなんです。 生産性を上げようと増車をしても赤字、なにもせず生産性が悪いままでも赤字、ほとんどの運送会社がこの八方ふさがり状態なんです。



高橋:そこでグリーンベルさんの奥の手があるんですねぇ?



葛西氏:「財務アップリース!」という新しいリースプランです。

株式会社グリーンベル

新車のリースを組むのですが、5年リースで期間中のリース料は半分。50%のリース料

プラン① 残価50%分の保証金を最初に積む。リース料は50%(半額)
プラン② 残価50%分を5年かけて積み上げる。リース料は50%(半額)

上記2プランから5年50%のリース料で増車をしていくと運賃の相場より輸送原価の相場の方が下がり、導入月からその運送事業は黒字になります。その財務アップリースで黒字と台数を積み上げて行くことで、増収増益、生産性も向上し、どんどん前向きな改善プランを立てていけます。



増収増益の構造へ、無理なく簡単に コンサル費は0円で!


また、現状把握から財務改善、収支改善計画と経営計画書まで経営者に寄り添ってコンサルしていきます。



高橋:半額リースプランいいですね、黒字ならどんどん増やせるし、金融機関にも計画書も出しやすいです。 それで、そこまでのコンサル費用はいくら位かかるのでしょうか?



葛西氏:うちはコンサルではお金は取りません。どうせ買うトラック、どうせ入る自動車保険などどれかお付き合いいただければ、運送会社の黒字&成長戦略をサポートいたします。また後継者がおらず、高値で事業を継承させたい方は、M&Aを考える前に、自分の会社の価値を高めておくにもグリーンベルのサービスをご利用される方も少なく有りません。



高橋:今日は、株式会社グリーンベルの葛西社長にインタビューを致しました。ありがとうございました。





※本稿は、取材先企業様の発言に基づいて作成しております。内容の検証は行なっておりません。ご了承ください。









Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.