お問い合わせ

トップ » ズバロジ!インタビュー  » ズバリ商品インタビュー  » 業界初、トラックドライバー専門、成功報酬型求人媒体『トラックマンジョブ』~求人広告掲載~面接まで0円~

ズバリ商品インタビュー



業界初、トラックドライバー専門、成功報酬型求人媒体『トラックマンジョブ』~求人広告掲載~面接まで0円~ (2014年09月16日)

株式会社シンカ


2014.09.16
「ズバリ商品インタビュー」 Vol.42

本日は、大阪商運株式会社、代表取締役青木幸弘様にお越しいただき、業界初、トラックドライバー専門成功報酬型求人媒体『トラックマンジョブ』について詳しくお話しを伺います。

大阪商運株式会社トラックドライバー専門成功報酬型求人媒体『トラックマンジョブ』

インタビュアー(以下、高橋):本日は大阪商運株式会社、代表取締役青木幸弘様にお越しいただきました。大阪商運様は、大阪府摂津市に本社を置き、路線便が強く全国へ物流のネットワークをもつ会社様です。

本日は新しくサービス提供を開始したトラックドライバー専門、成功報酬型求人媒体『トラックマンジョブ』についてお話をお伺いいたします。青木社長、よろしくお願いいたします。



青木社長:よろしくお願いします。



高橋:さっそくですが『トラックマンジョブ』を立ち上げた理由を教えていただけますか?



青木社長:はい。トラックマンジョブを立ち上げた理由は、トラックドライバー採用難の時代における、釈然としない私の想いからです。私の知っている、ある同業者さんでは、ドライバーを1名採用するのに、なんと100万円かかったそう。



高橋:100万円!?すごい金額ですね。



青木社長:大げさではなく、そんな尋常ではない人材不足の状況に陥っているのが、運送業界です。事実、大手の求人媒体に掲載すれば、採用がまったくできなかったとしても、ウン十万円の費用が請求され、人材紹介会社に依頼した場合でも、年収の20~30%の費用が請求されてしまいます。そんな採用活動に、疑問を感じますね。効果のない求人媒体に払うお金をはらいたくないじゃないですか。



高橋:たしかに、運送会社様のドライバーの採用コストは高騰していますし、媒体に出しても反応がないのが常態化していますよね。青木社長は、運送業界の採用活動についてどう思われますか?



青木社長:私たちの本業は物を運ぶことです。私も、本音では、そこに経営資源をすべてつぎ込んで、没頭したいと思っています。決して多くはありませんが、安定的に利益を上げるための経営ノウハウは持っているつもりですが、今の超採用難の時代は、弊社も含め、全国の運送会社様がドライバーの獲得が経営の最重要課題となっていますよね。



茨城乳配株式会社

高橋:最近、『仕事とトラックはあるがドライバーがいない』という運送会社様の悩みをよく耳にしますね。



青木社長:そうなのです。また、経験者を募集してもなかなか集らなくなりましたし、経験者を採用できたとしても、よい時代(給料が高かった時代を知っている世代)を知っているからこそ、賃金という条件で転職してしまう人があとを立たないように感じます。



高橋:たしかに、給料がよかった時代を知っているドライバーにとって、今の賃金では、満足しないかもしれませんね。業界自体が変わってきて、コンプライアンスを守れない運送会社様は淘汰されてしまうのでどうしようもないですが。



青木社長:しかし、運送業界の賃金は、決して低くありませんし、プロ意識を持ち、社会的意義を感じて働いているドライバーは数多くいます。ですから、われわれ、運送業界は、数多くない経験者を取り合うのではなく、力を合わせて、自分たちの手で、よい人材を運送業界へ惹き込むべきではないかと思います。



高橋:確かにドライバーという仕事は、世の中に必要不可欠ですし、業界全体が魅力的な業界であることを発信していく必要がありますね。また、未経験者を募集したほうが応募の母数は広がりますよね。ただ、未経験者にとって運送業界に対してよいイメージを持っていないのも事実ですよね?



青木社長:はい。近年のマスコミの報道もあり、運送業界は危ない業界、以前よりは稼げないといったイメージをもたれがちです。しかし、弊社に入社した未経験者のドライバーは、『ドライバーってこんなにやりがいがあって、前職よりも給料がよいです』と言ってくれます。



高橋:実際に未経験者のドライバーがそのように言ってくれると非常にうれしいですね。大阪商運様は未経験者のドライバーに成功していると、「月刊ロジスティクス・ビジネス2014年7月号」の記事に掲載されていましたよね。未経験者の方を運送業界へ弾き込むためのポイントはあるのでしょうか?



青木社長:特にすごいことはしていませんが、運送業界の魅力を伝えること、会社や仕事内容をリアルにイメージできることに注力しました。そうすることで伝えるべきポイントがみえてきました。



高橋:なるほど。伝えるべきポイントをしっかり押さえて、未経験者に対して情報を発信すれば、応募を増やすことができるのですね。ちなみに、その伝えるべきポイントを教えていただけますか?



青木社長:はい。社内の雰囲気や一緒に働く仲間、上司を紹介すること。また、安全への取り組み、社内のイベント、教育体制など未経験者が運送業界で働く体制が整っていることをアピールすることも大切です。そして、運送業は安定していること、給料も他の業界と比べればよいということは求職者にとっては非常に魅力的なので、伝えるべきポイントとなります。



大阪商運株式会社トラックドライバー専門成功報酬型求人媒体『トラックマンジョブ』

高橋:なるほど、わかりました!そういったノウハウを注ぎ込み、トラックマンジョブを立ち上げたのですね?


青木社長:はい。弊社は、押さえるべきポイントを押さえることができたからこそ、未経験者のドライバーを獲得し、従業員の平均年齢が30代と若返りをすることができました。だからこそ、伝えるべきポイントを同業者の皆さんへお伝えし、数多くない経験者を取り合うのではなく、力を合わせて、自分たちの手で、よい人材を運送業界へ惹き込みたいのです。

そのために、「トラックマンジョブ」では、求人広告の入稿欄に、運送業界、そして貴社の魅力が伝わる"必須項目"を設けさせていただいております。



高橋:たしかに、どんな情報を発信していいか悩んでいる運送会社様にとって、発信すべき情報(押さえるべきポイント)を項目として初めから設けてあると助かりますね。そのほかに、「トラックマンジョブ」の特長を教えていただけますか?



青木社長:そのほかには、5つ特長があります。
それは、(1)トラックドライバー専門(2)掲載から面接まで無料(3)入社祝い金制度(4)成功報酬(5)入社1ヶ月半額保障です。

1つ目のトラックドライバー専門とは、トラックドライバーの求人のみを掲載し、トラックドライバーが集まるコンテンツ、そして、未経験者が運送業界っていい業界だなと思ってもらえるコンテンツを発信し、応募者があつまる媒体に強化していくということです。

2つ目の掲載から面接まで無料とは、文字通り、いくら掲載しようと面接しようと無料です。掲載料が発生する媒体では、採用できなくても費用が発生し、採用コストが膨らんでしまいます。掲載期限に制限がありませんので、じっくりとドライバーと自社の相性を確認することができます。

3つ目の入社祝い金制度は、ドライバーに対して入社が確定しますと、1万円から祝い金が支払われます。
※入社して1ヶ月の在籍確認が取れた場合のみ支給

4つ目の成功報酬とは、採用が確定し、初めて費用が発生するということです。その費用は、1人当たり10万円となります(入社祝い金別)。

5つ目の入社1ヶ月の半額保障とは、入社して1ヶ月以内で辞めてしまった場合、半額の5万円を保証するということです。



茨城乳配株式会社

高橋:なるほど。リスク無くドライバーの獲得ができるのですね。それでは、実際にサービスを利用したい場合はどうすればよいですか?



青木社長:サービスの流れとしては、トラックマンジョブ問い合わせフォームより問い合わせをお願いいたします。問い合わせが完了しましたら、管理IDとPASSを発行し、弊社からメールにて、サービス内容と掲載マニュアルと操作方法をメールにて送付させていただきます。そして、管理画面より入稿の内容を確認し、掲載開始となります。

掲載後は、管理画面上で、応募者の状況やアクセスの状況を確認することができます。そして、面接を実施し、採用が確定しましたら、管理画面上で採用の確定通知をお願いいたします。



高橋:なるほど。管理画面から入稿でき、掲載マニュアルも用意してあるのですね。



青木社長:はい。ただ掲載するだけでは応募者は集まりませんので、押さえるべきポイントを網羅した掲載内容や掲載写真のポイントを説明したものを用意させていただきました。



高橋:すばらしいですね。それでは、最後に一言いただけますか?



青木社長:全国の同志と大切なドライバーのより良い出会いのために「トラックマンジョブ」を立ち上げました。一緒に業界に人を呼び込み、盛り上げていきましょう!



高橋:青木社長。本日はありがとうございました。



青木社長:ありがとうございました。



■対談後記
高橋 竜二氏名:高橋 竜二

青木社長の『運送業界は、数多くない経験者を取り合うのではなく、力を合わせて、自分たちの手で、よい人材を運送業界へ惹き込むべきではないかと思います。』に共感しました。トラックマンジョブの今後が非常に楽しみですね。

※本稿は、取材先企業様の発言に基づいて作成しております。内容の検証は行なっておりません。ご了承ください。



会社名

大阪商運株式会社

本社所在地

〒566-0042大阪府摂津市東別府3-1-22

TEL

06-6195-7655(受付時間 午前9時~午後6時日祝除く)

FAX

06-6195-7658

メール

info@osaka-syoun.com

設  立

昭和47年

代表

青木 幸弘

資本金

2,000万円

事業内容

一般区貨物運送事業/自動車運送取扱事業/軽車両運送事業 /軽作業・請負/倉庫・保管
有料職業紹介事業 番号 27-ユ-301712

年  商

19億円(2014年3月期)

従業員数

130名(2014年3月現在)

車輌台数

110台(2014年3月現在)

主要取引銀行

三菱東京UFJ銀行 鴻池新田支店/りそな銀行 城東支店/京都銀行 摂津支店

関連会社

オーエスカーゴ株式会社













Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.