お問い合わせ

トップ » ズバロジ!インタビュー  » ズバリ商品インタビュー  » 駐車場の舗装で、車両価値がアップ!?

ズバリ商品インタビュー



駐車場の舗装で、車両価値がアップ!? (2014年07月08日)

京阪神道路サービス株式会社


2014.07.10
「ズバリ商品インタビュー」 Vol.40

本日は、京阪神道路サービス様にお越しいただき、駐車場の舗装工事サービスついて、お話をうかがいます。

会社名

京阪神道路サービス株式会社

所在地

神戸市中央区東町123-1 貿易ビル 4F

資本金

1,500万円

設立

平成2年1月4日



インタビュアー(以下、河内谷):本日は駐車場舗装.comを運営されている、京阪神道路サービス様にお話を伺います。どうぞよろしくお願いします。



京阪神道路サービス様:はい、よろしくお願いします。



河内谷:さっそくですが、貴社の会社概要と事業内容について教えてください。


京阪神道路サービス様:はい、京阪神道路サービスは平成2年に設立した会社で、本社は兵庫県神戸市にあります。これまで主に行政関係の道路管理、工事、補修・修繕などを行ってきました。また、管更生といって、埋設されている配管、下水管の更生・補修なども行っています。



河内谷:今回は、駐車場の舗装・補修工事のサービス案内に特化した、駐車場舗装.comを新たに立ち上げられたとのことですが。



京阪神道路サービス様:はい、官公庁などの行政の工事で培ったノウハウ・実績を活かし、民間企業や個人のお客様にも広くサービスを提供していこう、と思い、駐車場舗装.comを立ち上げました。



河内谷:なるほど、行政の仕事をずっとされてきたのであれば、お客様からもしても安心ですね。



京阪神道路サービス株式会社 駐車場舗装.com

京阪神道路サービス様:ありがとうございます。



今回、民間企業や個人の方向けにサービスを拡充しようと決めた理由のひとつに、『適正な価格で適正なサービスを提供したい』という想いがありました。



舗装工事や補修工事というのは、一般的に定価があってないような商売で、はじめての方は相場もよくわからないと思います。 そして、残念ながら、工事業者によっては、無駄な工事が含まれていたり、不必要な作業項目があったり、と不明瞭なのがこの業界の特徴です。そういった不透明な部分を少しでもなくして、よりお客様に喜ばれるサービスを提供していきたいと思っています。



河内谷:なるほど、それでサイト上に目安料金を掲載されているのですね。



京阪神道路サービス様:そうですね。われわれが実際にお客様に提示している見積もりは、項目を詳細に出し、できるだけわかりやすく内容をご説明しています。



河内谷:飲食店やスーパーの駐車場から、コインパーキングの舗装、さらには運送会社の駐車場の舗装と、様々な駐車場の舗装を行っているのですね。



京阪神道路サービス株式会社 駐車場舗装.com

京阪神道路サービス様:そうですね。貸し駐車場やコインパーキング等の駐車場舗装はもちろん、スーパーやショッピングモールなど商業施設の大型駐車場の舗装工事にも対応しています。 運送会社様の駐車場では、大型トラックの重量に耐えられるように、舗装厚を調整したりと、使用用途や土地の状態にあわせ、最適な駐車場工事を提供しています。



河内谷:しかし、倉庫や物流センターに併設されている駐車場は舗装されていますが、単純にトラックをとめるだけの駐車場は、特に何も舗装せずに、砂利の駐車場にトラックをとめているイメージが強いですが。



京阪神道路サービス様:そうですね、運送会社様の場合、わざわざ費用をかけてまで舗装する必要がないと考え、まだまだ砂利の駐車場の方が多いと思います。しかし、実際は費用をかけても舗装した方が、メリットが大きいのです。



河内谷:といいますと?



京阪神道路サービス様:まず、きちんと舗装された駐車場の方が、車の傷みが少なく、車両を売却するときも、舗装していない場合に比べて、高い値段がつくことが多いのです。



アスファルト舗装だと、水はけもいいので、雨が降ってもすぐに乾きます。泥もはねないので、車が錆びにくいというメリットがあります。 また、傷みが少ないということは、車両の故障防止にもつながります。



河内谷:なるほど、そんなところに影響があるのですね。



京阪神道路サービス様:そうなんです。しかも、砂ぼこりによる汚れも少なく、車両をきれいに保ちやすくなります。砂利の駐車場だと、せっかくきれいに洗車しても、出庫するときに砂ぼこりが舞い、汚れてしまうということが起こると思います。 特に食品を扱われている場合など、荷主企業様からの評価も高まると思います。 洗車代も削減できますし、ドライバーの手間も軽減でき、喜ばれています。



河内谷:なるほど、そんなにいろいろなメリットがあったのですね。



京阪神道路サービス様:あと、細かいところでいうと、雑草が生えてこないので、そういった駐車場管理の手間がかからなくなる、というところでしょうか(笑)



河内谷:ちなみに、京阪神道路サービスという社名ですが、対応しているのは京阪神の大阪・兵庫・京都だけでしょうか。



京阪神道路サービス様:いいえ、2府4県、近畿圏は全域対応していますので、お気軽にご相談ください。 ぜひ皆様からのお問い合わせお待ちしております。



河内谷:本日はどうもありがとうございました。



京阪神道路サービス様:こちらこそありがとうございました。



■対談後記

砂利のままの駐車場とアスファルト舗装された駐車場で、車両価値が変わってくるとははじめて知りました。また、荷主企業様からも評価も高まるのであれば、ぜひ検討してみたいですね。まずは無料で現地確認、見積もりをしていただけるそうなので、関西エリアの方は、ぜひ一度ご相談してみてください。



■インタビュアー紹介
河内谷 庸高

氏名 : 河内谷 庸高

大阪府泉佐野市出身。2006年船井総研入社以来、物流企業をはじめ自動車運送事業を中心に、業績アップのコンサルティングを展開。
DMやホームページ等の販促企画からマーケティング戦略の立案、新規事業参入等の提案を行っている。
最近は通販物流・EC物流事業の立ち上げ・構築をメインテーマに活動している。

※本稿は、取材先企業様の発言に基づいて作成しております。内容の検証は行なっておりません。ご了承ください。



アイコン ズバロジ!インタビューバックナンバー
<$mt:EntryTitle$>








Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報保護方針  個人情報の取扱いについて  ソーシャルメディアポリシー
特定商取引法に基づく表記  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.