お問い合わせ

トップ » ズバロジ!インタビュー  » ズバリ商品インタビュー  » お客様の『ありがとう』のために ~事業用の物件数600件以上~

ズバリ商品インタビュー



お客様の『ありがとう』のために ~事業用の物件数600件以上~ (2013年08月06日)

株式会社タープ不動産情報

2013.08.06
「ズバリ商品インタビュー」 Vol.34
株式会社タープ不動産情報
代表取締役 三浦 孝志 氏(右)
取締役 邨井 厚 氏(左)


商号

株式会社タープ不動産情報

設立

平成11年

資本金

10,000,000円

代表者

三浦 孝志

社員数

20名 

本社

東京都文京区小石川2-14-7
TEL:03-5803-9292
FAX:03-5803-9293
http://www.tarp.co.jp

北関東支店

東京都板橋区前野町1-29-10 本館4階
TEL:03-5914-6363
FAX:03-5914-6366



株式会社タープ不動産情報

インタビュアー(以下、高橋):本日は株式会社タープ不動産情報の代表取締役の三浦様と邨井様にお越しいただきました。

株式会社タープ不動産情報様は東京、埼玉、千葉、神奈川を中心に工場や倉庫などの事業用不動産の仲介・管理・工事を行なっています。それでは、三浦様、邨井様よろしくお願いいたします。



三浦氏・邨井氏:よろしくお願いいたします。



仲介・管理だけでなく工事まで

高橋:さっそくですが、会社概要について教えてください。




三浦氏:はい。弊社は、東京、埼玉、千葉、神奈川を中心に工場や倉庫などの事業用不動産の仲介・管理・工事を行なっています。事業用仲介専門業者ならではの幅広い情報網があり、クライアント様のニーズに合わせた物件をご紹介することができます。また、一般の同業者様では、ご提供できない非公開物件をご紹介できるのも当社ならではの特性です。



株式会社タープ不動産情報

高橋:なるほど。事業用の物件に絞り込むことで、多くの情報を集めることができるのですね。仲介・管理だけでなく、工事まで行なうことで得られるメリットは何ですか?



三浦氏:はい。弊社では、不動産業と建築工事の窓口を一本化する事によりスムーズな工事を行なうことができます。無駄のない効率的な工事でお客様の大切な資産をお守りすることが私たちをご利用していただくメリットになると思います。

具体的には、事業用不動産は入居後に行う工事が原因で貸主と借主がトラブルになるケースが多く、また、不動産会社への紹介料が含まれる工事代金は割高になってしまう現実があります。仲介または管理会社が適正価格で直接施工すれば貸主と借主間のトラブルは回避できる可能性が大きくなります。




事業用不動産の実績、情報量は関東一!!

株式会社タープ不動産情報

高橋:たしかに、不動産業と建築工事の窓口を一本化する事は、工事が伴う事業用不動産にとって非常に魅力的ですね。ちなみに実績はどのくらいなのでしょうか?



三浦氏:実績はですね、仲介が約3,000社、管理が約500棟、工事が約3,000件といったところでしょうか。



邨井氏:そうですね、当初は3名でスタートしましたから 何かと大変でしたがスタッフが充実してからは、急速に件数を伸ばすことが出来ました。




高橋:すばらしいですね。また、現状、タープ様が抱える物件数はいくつでしょうか?



三浦氏:オーナー様より、直接ご依頼を受けて、募集させていただいている物件だけでも売買と賃貸を合わせて600件以上です。事業用不動産に関しては、関東一の情報量ではないかと思います。



株式会社タープ不動産情報

邨井氏:しかも工場、倉庫に特化した会社としては、他に類を見ないと思います。



高橋:関東一、すごいですね。事業用不動産の場合は、保険が複雑だという声をよく耳にしますが、タープ様は保険についてどのような対応をなさっているのでしょうか?



三浦氏:はい。弊社は、保険代理店も行なっていますので、不動産管理・工事の窓口とあわせて、スムーズな対応が可能となります。



邨井氏:特に住宅や事務所と違って、倉庫・工場の場合は、取扱う商品、作業内容を正確に保険会社に伝えることは、中々慣れていないと出来ないと思います。




高橋:タープ不動産様では、お客様のから利益を取りすぎると社内稟議にかかるそうですが、それはどうしてでしょうか?



三浦氏:ビジネスは、どれだけお客様を笑顔にし、信用を獲得して、口コミが広まるかだと思いっています。ですから、社内で規定している範囲以上の利益をお客様からいただくことはしないのです。



株式会社タープ不動産情報

高橋:なるほどすばらしいですね。今後どのような方向性で事業を展開していくのでしょうか?



三浦氏:不動産の管理棟数を500棟から2000棟に増やしていきたいですね。また、5万以下の簡単な工事などは無料で行なえるようにもしたいですね。そして、いつか関東で一番『ありがとう』をいわれる会社を目指していきたいですね。




■対談後記
高橋 竜二氏名:高橋 竜二

タープ不動産情報様は、常にお客様の笑顔のことを考えています。 びっくりしたのは、社内規定より利益が出てしまうと社内稟議をかけなければならないということ。非常にすばらしい会社ですね。 今後の発展に目が離せません。

※本稿は、取材先企業様の発言に基づいて作成しております。内容の検証は行なっておりません。ご了承ください。


アイコン ズバロジ!インタビューバックナンバー
<$mt:EntryTitle$>












Share