お問い合わせ

トップ » ズバロジ!インタビュー  » ズバリ商品インタビュー  » 直接雇用で生産性の向上を実現する「バイトブック」サービス

ズバリ商品インタビュー



直接雇用で生産性の向上を実現する「バイトブック」サービス (2012年09月24日)

株式会社インディバル

2012.9.24
「ズバリ商品インタビュー」 Vol.20
株式会社インディバル
マーケットソリューション部 部長 佐藤大輔 氏
マーケットソリューション部 BBmission 近藤大介 氏


ズバリ商品インタビュー第20回は、株式会社インディバルの佐藤様と近藤様にお越しいただいております。



株式会社インディバル

インタビュアー(以下、河内谷):株式会社インディバルは東京ミッドタウン(東京都港区)に本社を構えます、完全成果型の日々雇用サービス「バイトブック」を運営している会社です。

「バイトブック」は、主に物流事業者に利用されているサービスになりますが、本日は詳しくお話をお聞きしたいと思います。よろしくお願いいたします。



佐藤氏・近藤氏よろしくお願いします。



河内谷:御社が物流事業者に提案されている、完全成果型の日々雇用サービス「バイトブック」とは、どういったサービスになるのでしょうか?



佐藤氏:はい。ご存知の通り、2012年10月から改正労働者派遣法が施行されます。そうなると、物流現場で「日雇い派遣」が事実上使えなくなります。物流事業者は、主な対応策として「日々紹介」「業務請負」「直接雇用」を検討されます。当社のバイトブックは「直接雇用」をスムーズに切り替えることを支援するサービスです。



河内谷:「日雇い派遣」から「直接雇用」への切り替えは、事業者側としてはかなり大変な取り組みにように思えますが。



近藤氏:その通りです。例えば、これまで人材派遣会社に「来週火曜日にスタッフを10人手配してほしい」と電話1本ですんでいた業務が、今回の派遣法改正で原則としてできなくなります。

直接雇用は派遣でスタッフを集めるケースと異なり、「募集」「応募受付」「面接・採用」「労務管理」「給与支払い」などの業務が自社に発生します。そのため、法改正への対応で100人、200人の倉庫スタッフを必要とする企業が一気に直接雇用に切り替えるとなると、大変な負荷になります。この手間を軽減するのが「バイトブック」になります。



生産性の向上とコスト削減を両立させる「バイトブック」サービスとは

河内谷:なるほど。もう少し、「バイトブック」サービスの詳細をご説明いただけますか?



株式会社インディバル

佐藤氏:はい。当社は、ネット技術と圧倒的な集客力を誇るヤフー。営業力と採用ノウハウを兼ね備えたリクルート。 それぞれの強みを活かし、ヤフーとリクルートの共同出資により設立されました。 2004年8月リリースの短期単発アルバイト専門サイト『ショットワークス』、2008年8月リリースの働きたい曜日・時間で検索できるアルバイトサイト『シフトワークス』といったアルバイト採用サイトで事業展開してきました。

今回の法改正に対応すべく、2年前からアルバイト募集を行う「媒体」としての求人サイトに加えて、採用企業の「人事部」の業務を代行するサービスをプラスしようということを取り組んできました。



河内谷:アルバイト採用における人事部代行サービスのようなイメージなんですね。



近藤氏:その通りです。バイトブックでは、スタッフ募集はもちろん、雇用通知書の作成やシフト組みや勤怠管理といった、独自機能を無料で自由に利用することができます。また、ご希望に応じて給与計算、給与支払いサービスもご用意しています。



河内谷:直接雇用に切り替えると、これまで派遣会社が行っていた業務をすべて自社で行わなくてはならないが、バイトブックならそういった負担をシステムで軽減できるということですね。



佐藤氏:特にシフト組みの機能は、スタッフの稼働履歴をもとに1回働いた人を何度もアサインしても良いため、経験者・未経験者をバランス良く配置することで効率の良い現場運営が実現します。 仮に100人規模の現場であれば、一度働いたことのある人を90人ぐらいアサインすれば、現場は問題なく回ります。一方、働くスタッフ側としても、「一社に縛られるのではなく、フレキシブルに働きたい」と考える人にとってはメリットが大きいので、企業と働く人双方がWIN-WINとなるのです。



河内谷:ちなみに、料金体系はどのようになっているのでしょうか?



株式会社インディバル

近藤氏:初期導入費用は無料で、採用したスタッフが現場で働いた時点で料金が発生する「完全成果報酬型」です。 利用料は1人500円~2550円となっています。



河内谷:働いた時点で料金が発生する成果報酬型ですか。なかなか、斬新なシステムですね。ちなみに、料金額の幅はどういうことでしょうか?



近藤氏:はい。500円~2550円という幅ですが、私どもが用意している代行システムの中には、企業様で既にお持ちの機能もございます。例えば、給与計算や給与の支払いといった機能です。そちらも、当方で代行させていただく場合はその分のご料金をいただくのですが、お客様として対応可能であればその分の料金をいただかなくて結構です。そういった、お客様の業務フローにおいて、本当に必要な部分だけをご利用いただけるようにプランを5段階用意しています。そのプラン毎の金額差となっています。



河内谷:なるほど。そういうことなら、企業側は自社が必要とする部分だけ必要なバイトブックの機能を使用すればいいということですね。



佐藤氏:はい。そういった形で柔軟にご利用いただけます。



請負でも紹介でもない、「直接雇用」のメリットとは

河内谷:実際にご利用されている企業様のバイトブックに対する評価はどういったものでしょうか?



佐藤氏:手前味噌ですが、おかげさまで高評価をいただいております。 これまで日雇い派遣の形態と比較すると、雇用形態を派遣から直接雇用に切り替えると生産性が20%上がるというデータもございます。また、「バイトブック」を利用することで、派遣コストよりも安く労働力を活用することができたという事例もあります。



近藤氏:他にも、「一度採用した人はなかなかクビにしづらい」という悩みをお持ちの担当者の方もいらっしゃいましたが、バイトブックではあくまで「日々雇用」を前提としているため、「企業ニーズに合わなかった人は、次の日から採用しなければ問題は起きない」といった対応ができます。そのため、直接雇用にも関わらず業務の繁閑に合わせやすいのもポイントです。



河内谷:冒頭、10月から「日雇い派遣」が事実上使えなくなるというお話がありました。御社として、「直接雇用」をサポートするサービスを選択されたのはどうしてですか?



佐藤氏:シンプルに一言でいってしまえば、コンプライアンスの観点で『一番クリーンなサービス』と考えたからです。 今後、仮に再度派遣法の改正があったとしても、直接雇用ならば何の心配もありませんし、その際の法改正対応も取る必要がありません。事実、コンプライアンス意識の高い企業様には高い評価をいただいております。



河内谷:なるほど、確かに直接雇用ならば自社の企業努力次第で対応可能ですので、コンプライアンス観点からも安心ですね。今後の御社の展開はどのようにお考えでしょうか?



近藤氏:改正派遣法は労働法と同様で、やや分かりにくい部分も含まれておるため知らぬ間にコンプライアンス違反を犯してしまうといった物流現場が10月以降出てくるのではと危惧しております。



河内谷:たしかに、メディアでの報道もあまり大々的に取り上げられていませんね。



佐藤氏:そうです。そういった背景もあり、私どもは業界全体に、法改正対策が広められれば幸いと考えております。企業様がきちんとした認識を持っていただき、その上で自社に最適と思われる手段を意思決定していただくということが重要で、そのために私どもの活動がお役にたてればと考えております。



河内谷:具体的にどのような活動をされているのでしょうか?



株式会社インディバル

近藤氏:物流企業様向けに、定期的にセミナーを開催しております。2012年10月19日にも開催させていただきます。人材派遣から直接雇用に切り替えた企業様に実例を講演いただくといった内容です。改正派遣法への対応を決めかねている企業様や、直接雇用化のメリットを実際の導入企業に直接聞きたいといった企業様にご参加いただきたいと考えております。



河内谷:時流にのった、興味深い内容ですね。本日は、貴重なお話をしていただきましてありがとうございました。



佐藤氏・近藤氏:ありがとうございました。





※2012年10月19日(金)にインディバル様主催で物流会社向け人材活用セミナーを開催されます。船井総研の橋本、河内谷もゲスト講師としてお話させていただきます。

物流会社向け人材活用セミナー


社名

株式会社インディバル INDIVAL,Inc.

設立

平成16年2月

資本金

2億円

代表者

代表取締役 渡邉 英助

従業員数

79名(役員含む、平成24年8月1日時点)

事業内容

  • ショットワークスの企画・運営
  • シフトワークスの企画・運営
  • インターネットにおける求人・勤怠管理関連サービスの企画・運営
  • 給与計算・給与支払事務の代行
  • 有料職業紹介事業(13-ユ-302915)
  • 一般労働者派遣事業(般13-303432)
  • その他付随業務

所在地

東京本社
〒107-6220 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー
名古屋営業所
〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー
大阪営業所
〒530-0018 大阪府大阪市北区小松原町2番4号 大阪富国生命ビル



■対談後記
改正労働者派遣法の施行が目前に迫り、物流現場では、「日雇い派遣」からの切り替えが死活問題になってきます。その問題を解消する、完全成果型の日々雇用「バイトブック」は今後注目の人材サービスですね。

■インタビュアー紹介
河内谷 庸高

氏名 : 河内谷 庸高

大阪府泉佐野市出身。2006年船井総研入社以来、物流企業をはじめ自動車運送事業を中心に、業績アップのコンサルティングを展開。
DMやホームページ等の販促企画からマーケティング戦略の立案、新規事業参入等の提案を行っている。
最近は通販物流・EC物流事業の立ち上げ・構築をメインテーマに活動している。



※本稿は、取材先企業様の発言に基づいて作成しております。内容の検証は行なっておりません。ご了承ください。












Share