お問い合わせ

トップ » ズバロジ!インタビュー  » 情熱会員インタビュー  » 「情熱会員インタビュー」Vol.7 吉正運輸倉庫株式会社

情熱会員インタビュー



「情熱会員インタビュー」Vol.7 吉正運輸倉庫株式会社 (2010年02月08日)

吉正運輸倉庫株式会社


2010.02.09

「情熱会員インタビュー」第7回 吉正運輸倉庫株式会社吉野元康様

「情熱会員インタビュー」の第7回は、吉正運輸倉庫の吉野常務にお話をお伺いいたしました。

吉野常務は「FUNAIロジスティクスソサエティ」にも毎回出席いただいている、とても勉強熱心な方です!



地域密着型3PL企業!



吉正運輸倉庫

インタビュアー:
吉野常務、本日は「情熱会員インタビュー」ということでお話をおうかがいしていきたいと思います。よろしくお願いいたします!


吉野常務:
よろしくお願いします。


インタビュアー:
まずは御社の事業内容からお聴かせいただけますか?


吉野常務:
はい。当社は倉庫保管業務と、それに伴う運送業務を主としています。後は流通加工業務も実施しています。


インタビュアー:
拠点は東海が中心なのでしょうか?


吉野常務:
自社では愛知、岐阜、三重に拠点を保有していますが、協力会社と連携しているため、全国での対応が可能です。



インタビュアー:
なるほど。御社の特長について、お聴かせいただけますか?


吉野常務:
そうですね。特長的なことは、調達物流、生産物流、販売物流まで一貫して請け負うことができる点ですね。また、今後は3PL業務についても力をいれていく方針です。


インタビュアー:
荷主さんの課題を一気に解決できるわけですね。


吉野常務:
はい。物流に関わることは、全て依頼していただけるような体制にしています。



新しいことにどんどん挑戦する

十和運送株式会社 田上貴義様

インタビュアー:
社内的な特長でいうと、どのようなところでしょうか?


吉野常務:
まずは、平均年齢が37歳と、物流会社では若い方だと思います。


インタビュアー:
それは若いですね!いつ頃からそのような組織になったんですか?


吉野常務:
私が武者修行から帰ってきた頃ですね。私が会社に戻ってきて、まず会社の体制が古き良き会社であることと、ベテランと若手の間の人材が不足しているということが気になったんです。それで、会社を自分が変えていこうと色々動いているんです。


インタビュアー:
実際にどのような取り組みをされたんですか?


吉野常務:
まずは、若手で「改革チーム」を組織しました。私が取りまとめを行なったのですが、現場の作業員から事務職への職種変更をお願いし、より現場の意見を反映でき、やりがいのある新しい会社への基盤づくりをそのチームで、どんどん進めていったんです。


インタビュアー:
そうなんですね。


吉野常務:
もちろん他社をモデルにして、他社で行なっていて、自社でまだできていないことを実施するようにしました。FLSからも随分アイデアをいただきましたよ!


インタビュアー:
それは嬉しいですね。ありがとうございます!


吉野常務:
とは言っても、まだまだやり切れていない部分も多いんです。だから今も現在進行形で改革中ですね。もっともっと新しく、柔軟な会社になっていかなければならないと思います。


インタビュアー:
なるほど。現在もそのチームで動かれているんですか?


吉野常務:
現在はメンバーがほとんど管理職やリーダーになっているので、それぞれが担当部署で改善・改革を進めています。


インタビュアー:
一緒にがんばったメンバーが管理職やリーダーになっていくのは嬉しいですね。


吉野常務:
はい、とても嬉しいんです。今後もどんどん現場の人間が上に上がっていける組織にしたいなと思っています。



社員の家族を大切にする

インタビュアー:
新しいことにどんどん取り組まれていますが、逆に創業時から続けていることは何でしょうか?


吉野常務:
そうですね...。創業時からずっと、社員のご家族のお誕生日には花を贈っています。ご家族の方に対する感謝の気持ちが込められているんですよ。


インタビュアー:
それは嬉しいですね。すばらしいです!


吉野常務:
やっぱり、社員が毎日無事に仕事にきて、がんばってくれているのはご家族の方が支えてくれているからですからね。

インタビュアー:
それは社長の考えで始められたんですよね?


吉野常務:
そうですね。今考えると、当時にしては進んだ考え方だなぁと思います(笑)


インタビュアー:
確かにそうですね。今は色々な会社がやっと取り組み始めていますからね。


吉野常務:
当社では、保養施設を持つなど、福利厚生には出来る限り力をいれていますね。やはり、がんばる社員に長く勤めてもらいたいですからね。このような取り組みは変えずに、ずっと続けていこうと思っています。


インタビュアー:
本当にすばらしいですね。またFLSで教えてください!


吉野常務:
こちらが教わることの方が多いですけどね(笑)社内報も社内勉強会もアイデアいただきましたからね。


インタビュアー:
また進化させていらっしゃると思いますので、そんなネタも是非!


インタビュアー:
それでは、御社のビジョンについてお聞かせいただけますか?


吉野常務:
はい。売上の計画というのはもちろん立てているんですけれども、会社としてもっと強くなっていきたいと思っています。


インタビュアー:
そのための課題は何だとお考えですか?


吉野常務:
そのためには、若い人材がもっと育つような会社にしなければならないし、若い人材がもっと活躍できる会社にしなければならないですね。


インタビュアー:
なるほど。更なる改革と改善に取り組まれるんですね。


吉野常務:
だからもっともっと勉強しなければならないですね。それから、社内体制ももちろんですが、もっとお客様に喜んでいただける仕事をしていきたいと思っています。お客様の笑顔を沢山みたいんですよね。


インタビュアー:
そのためにも、強い会社づくり、ですね。


吉野常務:
その通りです。今後もがんばります!



相手を笑わせたい

十和運送株式会社 田上貴義様

インタビュアー:
吉野常務が経営幹部として気をつけていること、大切にしていることをお聴かせいただけますか?


吉野常務:
そうですね、私は今の自分の役目は、風通しのよい雰囲気づくりだと思っています。だから、積極的に現場の人間に声をかけたり、世間話をしたりしています。


インタビュアー:
さきほども、倉庫で現場の方にお声がけしていらっしゃいましたもんね。あのような声がけがあるから、皆さん積極的に発言したり、提案したりできるんですね。


吉野常務:
少しでもその手助けができればと思っています。


インタビュアー:
さて、最後に吉野常務の座右の銘をお聴かせいただけますか?


吉野常務:
座右の銘といわれると、とっさに思いつかないんですけれど、日頃から相手を「笑わせたい」と思っています。「笑う」というのは、喜んでいたり、信頼してもらっていたりする証拠ですからね。お客様や社員の笑った顔を見るために働いているようなもんですね。


インタビュアー:
すばらしい姿勢ですね。こんなに会社の雰囲気がよいのは、そのお考えが社員さんにも伝わっているからなんでしょうね。


吉野常務:
だといいな、と思っています!


インタビュアー:
今後も社内の取り組みや、改革の事例など、お教えくださいね!


吉野常務:
もちろん!私もいつも色々いただいているので。


インタビュアー:
それでは来月のFLSでもよろしくお願いいたします!吉野常務、本日は本当にありがとうございます!




会社概要


社名 吉正運輸倉庫株式会社
本社所在地 〒462-0038
愛知県名古屋市北区稚児宮通1-41
TEL.052-911-7591 FAX.052-911-9856
設立年月日 昭和34年6月17日
代表者 代表取締役社長 吉野雅山
資本金 2,500万円
従業員数 125名
平均年齢 37.3歳
主な取引先 東リ(株)グループ
ノリタケカンパニーリミテッドグループ
積水化学工業(株)グループ
立川ブラインド工業(株)グループ
大同メタル工業(株)グループ
(株)中部コーポレーショングループ
愛知金属工業(株)
中電興業(株)
大豊織布(株)
その他









対談後記

吉野常務はFLSでもいつもニコニコ。そんな吉野常務の周りには自然と人が集まっています。それも、相手を笑わせたい、という思いの現われなんだな、と今思います。まだお若い吉野常務ですが、グングン会社を引っ張っていかれています。若い経営幹部が精力的に活動している企業はやはり元気ですね。今後も色々なことを教えていただこうと思います!


※本稿は、取材先企業様の発言に基づいて作成しております。















Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報保護方針  個人情報の取扱いについて  ソーシャルメディアポリシー
特定商取引法に基づく表記  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.