お問い合わせ

トップ » ズバロジ!インタビュー  » 情熱会員インタビュー  » 地域密着した物流情報サイトで群馬県の物流を活性化!

情熱会員インタビュー



地域密着した物流情報サイトで群馬県の物流を活性化! (2011年08月12日)

株式会社信栄倉庫

2011.8.12
「情熱会員インタビュー」 Vol.30 株式会社カタウン
代表取締役 星野辰也 氏


「情熱会員インタビュー」の第30回は、

船井総研主催の勉強会、 FUNAI ロジスティクスソサエティ の会員企業様である、群馬県の 株式会社カタウン  代表取締役 星野辰也 様にお話をおうかがい致しました!

  株式会社カタウン様は、昨年の 第1回 インタビューの際には、 5S活動 の推進のポイントや効果をお聴きしました。

今回は、前回インタビュー以降の新しい取り組みを中心にお話をお聴きしました。


株式会社カタウン

インタビュアー前田弥(以下前田):本日は宜しくお願いします!



星野氏:よろしくお願いします。もう2回目ですか。時間が経つには早いですね。



前田:本日まで何度もお会いしていますが、昨年、社長に就任なされたということで、改めましておめでとうございます!



星野氏:ありがとうございます(笑)



前田:社長になられて、率直な変化はございますか?



星野氏:やはり、これまで以上に責任が増したと感じています。 これまでも実質トップとしてやってきましたが、改めて社長という肩書きがつくと身が引き締まった思いですね。



地域密着型物流ポータルサイトを開設・運営


前田:そうなのですね。さて、前回のインタビューでは5S活動に関する取り組みについてお聞きしましたが、今回は前回以降に取り組まれた新しい活動について教えてください。



星野氏:はい。今年の4月から「群馬県物流WEB」(http://www.gunma-logi.jp/)を開設しました。

群馬県物流WEB」とは、群馬県下の物流に関する情報ポータルサイトです。
群馬県で効率的に物流を行いたい企業が、サイト内にある豊富なサービスメニューから選ぶことができ、また、群馬県を中心としたパートナー物流企業の情報を掲載して、仕事のマッチングを行っています。



【群馬県物流WEB】

株式会社カタウン               

前田:面白い取り組みですね!今、何社ぐらいのパートナー物流企業がいらっしゃるのですか?



星野氏:現在、30社のパートナー企業がご登録いただいています。



前田:オープンしてから、それほど月日は経っていませんがすごいですね。



星野氏:実は、震災の影響で一旦、様子を見ていたのですが、これからは積極的に募集をしていきたいと思います。目標は、100社の物流企業さんにご登録いただきたいですね。




サイト開設を通じて一体化の促進。他部門の事業が活性化したことによる相乗効果


前田:この調子でいけば、目標達成できそうですね。



星野氏:ありがとうございます。「群馬県物流WEB」の取り組みを始めて、社員一丸となって取り組んでいく気持ちが生まれてきましたね。サイトも業者の方にお任せするのではなく、自分たちでメンテナンスもしています。



前田:サイトの開設を通じて、一体化が進んでいくという良い傾向ですね。



星野氏:最近も、「ネットを見ました」ということで、電話でお仕事の問い合わせがありました。

私たちは、物流事業以外でハーネス事業も行っているのですが、ハーネス事業のほうでも積極的に営業を開始したことによって、相乗効果で物流事業のほうにも好影響が生まれていると捉えています。 実は、最近は、私もブログを書くようにしています。



前田:トップの率先垂範は重要ですね。 さて、話が変わりますが、東日本大震災の影響はいかがですか?



星野氏:幸い人的被害はありませんでした。これまで鉄道で輸送しておられた企業さんがお困りになられていましたので、鉄道に代わって、荷物をトラックで輸送することでご支援しました。



前田:素晴らしい取り組みですね。大変喜ばれたことと思います。 ところで、以前より積極的に推進しておられます5S活動はいかがでしょうか。



星野氏:5S活動のほうはお蔭様でずいぶんと定着してきました。これから次の発展段階にきたと思っています。現在、次の段階に向けて活動中です。



株式会社カタウン

FLSには参考になる仲間がいて、物流業界の最前線の情報が聞ける


前田:現在、参加されていますFLSについてご入会されて良かった点について教えてください。



星野氏:まず、最も新しい物流業界関連の情報を聞けることがありがたいですね。物流業界に何が求められているのか、FLSに参加すると最前線の話が聞けます。

最近は、労務管理の話を専門家の方から聞けるので経営に非常に役立っています。 他にも、ゲストの方や船井総研のコンサルの方から、すぐに使える実践的な話が聞けるのも役立ちますね。

お取り組みが参考になる仲間が多くて、一緒に勉強できることもFLSには入っているメリットだと思います。



前田:本日は貴重な話をお聞かせいただきまして、ありがとうございます!


関連記事
「情熱会員インタビュー」 Vol.22 第1回 株式会社カタウン



    

社名

株式会社カタウン

代表者

代表取締役 星野 辰也

設立

昭和 30 年 5 月 16 日

本社所在地

群馬県利根郡片品村大字須賀川 129 番地 3

TEL

0278-58-3525

FAX

0278-58-3516

資本金

2,000 万円




■対談後記

カタウン様には、現在、毎月訪問させていただいているのですが、いつも強く感じることが、トップの星野社長をはじめ、従業員の方が「素直・プラス発想・勉強好き」であるということです。 新しい取り組みにおいても、「まずやってみよう!」と前向きに受け入れて、解らないところは勉強して、最後まで愚直にやりきるところが、カタウン様の最大の強みだと思います。

人が成長し続ける素晴らしい物流企業だと思います。



■インタビュアー紹介
前田 弥

氏名     前田 弥(マエダ ワタル)

大学卒業後、大阪の経営コンサルティング&ソフトウェア開発会社に入社。
営業部門の統括マネージャーとして、数々のシステム開発案件とコンサルティング案件に携わる。
船井総研入社後は、一貫して、物流・ロジスティクスをテーマとしたコンサルティングを行っている。

得意な分野は、物流企業向けが荷主獲得を行うための「電話」を中心としたマーケティング・営業活動。
電話を活用した高確率の顧客獲得手法のみならず、顧客と共に実際にTELアポを行い、営業代行を行うなど現場に密着したコンサルティングに定評がある。

ブログ :  前田 弥の物流テレマーケティングブログ

※本稿は、取材先企業様の発言に基づいて作成しております。












Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.