お問い合わせ

トップ » ズバロジ!インタビュー  » 情熱会員インタビュー  » 「情熱会員インタビュー」Vol.25 第2回 株式会社エスワイ・ロジステックス

情熱会員インタビュー



「情熱会員インタビュー」Vol.25 第2回 株式会社エスワイ・ロジステックス (2011年03月11日)

株式会社エスワイ・ロジステックス

2011.3.11
「情熱会員インタビュー」 Vol.25 株式会社エスワイ・ロジステックス
営業企画担当 取締役 成沢拓也 氏
マネージャー  都倉司 氏


「情熱会員インタビュー」の第25回は、千葉県松戸市と柏市に事務所を構える、エスワイ・ロジステックス様にお話をうかがいに参りました。


株式会社エスワイ・ロジステックス

インタビュアー: エスワイ・ロジステックス様は、物流設備や車輌を一切持たないノンアセット型の3PL事業を展開している企業様です。その提案力は他社と比較して群を抜いており、 結果として、リーマンショック後の物流不況期でも、継続して前年比14%以上の成長を果たしていらっしゃいます。

本日はその高成長の秘密を探るべく、成沢拓也様と都倉司様にお話をうかがっていきたいと思います。よろしくお願いいたします。



成沢氏・都倉氏: よろしくお願いいたします。



インタビュアー: さて、御社には1年ほど前にもインタビューをさせて頂きました。その時は事業概要と会社としての特徴をご説明いただいたと思います。以降、会社の経営として何か変わったことはございますか?



成沢氏: そうですね、弊社は元々酒類物流を主に行っていたのですが、 最近は2006年に立てた目標の通り、酒販以外の企業様から仕事を受ける割合を増やすことができています。その結果、2006年時点で立てた「5年後の2011年時点で、売上と利益を124%アップさせる」という目標は、おかげさまで既に達成する見込みです。



インタビュアー: ただ今売上アップのお話が出ましたが、エスワイ・ロジステックス様というと、 2009年度のFLS (FUNAIロジスティクスソサエティ)のアワードで売上アップ大賞を受賞されたように、会社として急成長しているというイメージが強くあります。 会社として、そのように上手くいっている理由はどこにあるとお考えですか?



社員の一体感を生むための取り組み

成沢氏: 1つは、社員全員、仲が良いということでしょうか。 うちの会社は現在、社員9名という小さな会社ではありますが、仕事以外でも一緒にいることが多いですし、言いたいことが自由に言えるオープンな空気になっています。 会社ができて16年になりますが、今まで定年で退職した以外、人が辞めたことがありません。



インタビュアー: 転職が多くなった今の時代、それはすごいですね。 会社としては、一体感を創るために、これまでにどのような取り組みをされてきたのでしょうか?



成沢氏: 一体感を創ろうと明確に意識して行ってきたわけではないんですけれどね。 ただ、行ってきた事はいろいろとありますよ。 例えば、 自主的にテーマを見つけて勉強会を開催したりですとか、 誕生日にはサプライズのプレゼントを送るですとか、 畑で自家製の野菜を作って、その食材を使ってバーベキューを行ったりですとか。



インタビュアー: そういえば、成沢様のブログを拝見しましたが、エスワイ・ロジステックスの柏にある事務所の方には畑があるんですよね。



株式会社丸野

都倉氏:はい、事務所から見えるあちらにあります。ちょうど半年前くらいに土を耕して作ったそこの畑では、ブロッコリーやねぎ、玉ねぎなどを作っています。これがなかなか大変で、手間がかかるんです。 お客様からすれば、「農業ばかりやっていないで、その分仕事をしろ」という感じでしょうが。(笑)



インタビュアー: ははは。手を掛けて作った野菜は、きっとそれを召し上がるお客様もご家族の方も喜ぶでしょうね。会社として、みんな自由に楽しんで仕事をされている様子が伝わってきます。ですが、 会社の業績が悪いと、きっとこのように上手くはいきませんよね。

会社として、業績が上向いているから良い雰囲気を作り出せているということが、 基本として、やはりあるのではないでしょうか?



成沢氏: 私もそう思います。 会社の業績が良く、安定して暮らせるという事は良い雰囲気を作りだすための必須条件になると思います。そのため、私はメンバーには、言うべき時には厳しいことを言わせてもらっています。事実として、伝えるべきことはやはり伝えなければなりません。



インタビュアー: 会社全体を良くしていこうという、成沢さんや都倉さんの真剣な思いが伝わってきます。会社の業績を上げるために、自身で取り組まれている事をもっと教えていただけますか?



異質なものに触れる取り組み

都倉氏: 例えば、 私達2人は全国各地で、定期的に学生向けの勉強会・交流会を開催したり、 社会人を対象にした異業種交流会に参加したりしています。 その学生向けの勉強会はなかなか本格的に行っていまして、大学教授と協力して講座を提供しています。

例えば、 私達は定期的に勉強会・交流会を開催したり異業種交流会に参加したりしています。
交流会には社会人の方を始め、学生の方も自由に参加して頂いています。

学生の方には結果として仕事の現場を知る機会にもなっているようです。逆に私たちも彼らから多くを学んでいます。
その団体の情報交換のために使っているSNSのサイトは、登録者が1,000名ほどいて、日本で一番登録者の多い物流業界のコミュニティサイトとなっています。



インタビュアー: それらの活動を行ったきっかけは何でしょうか?



成沢氏: 「異業種の方々に触れ、そこから新しい情報を得るため」ですね。 物流施設も車輌も持たない会社であるだけに、提案力や問題解決能力が極めて重要になります。よく言われることではありますが、今の事業の改善につながるヒントを得るために、アンテナを高く張ることは常に意識しています。



インタビュアー: 成沢さんも都倉さんもお聴きしていた通りの勉強好きな方ですね。



成沢氏: 船井総研さんのFLS (FUNAIロジスティクスソサエティ)も有効に活用させていただいています。FLSは会員企業同士で活発に意見交換できるところが良いですね。先進的な取り組みや、全国各地の時流を把握し、経営に役立てています。



株式会社エスワイ・ロジステックス

インタビュアー: ありがとうございます。 今後とも、お役に立てる会にしてきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



「行列のできる物流会社」に

インタビュアー: それでは最後に、会社としての今後のビジョンを教えていただけますでしょうか?



成沢氏: 現在弊社では、「行列のできる物流会社になる」という理念を持って事業を運営しています。 荷主企業であるお客様、物流業務の委託先になるパートナー企業様、 それから、うちの会社に入社を希望してくる人達が行列を作ってくれるような、「選ばれる会社になっていきたい」という想いがそこに込められています。



インタビュアー: そのために、今、何が必要だと考えていらっしゃいますか?



都倉氏: 「従業員の満足をさらに高めていくこと」ですね。 これまで、会社の業績が良かった理由として、多数のご紹介をいただける顧客企業様にめぐり合えるなど、運が良かったということがあります。今後は、運に頼らない自力をつける必要がありますね。



成沢氏: 私も同感です。従業員が自分の息子をこの会社に入れたいと思うような、そんな会社を作っていきたいと思っています。



インタビュアー: 本日はエスワイ・ロジステックス様の好業績の秘密に関する話をたくさんうかがえただけでなく、畑の作物に触れる事もできて本当に楽しかったです。
成沢さん、都倉さん、本日はどうもありがとうございました。



■関連記事
「情熱会員インタビュー」Vol.9 第1回 株式会社エスワイ・ロジステックス

    

社名

株式会社エスワイ・ロジステックス

代表者

市岡愼次

創業

平成6年1月

所在地

千葉県松戸市稔台6-10-16

TEL

047-362-6531

FAX

047-362-6443

事業内容

関東・東海地区の酒類のエリア配送を軸に3PL・コンサルタント事業
ソフトウェア販売業
種類販売業




■対談後記
高い提案力を武器に、好業績を上げているエスワイ・ロジステックス様を訪問させて頂きました。
お話を伺って、
  1.社員の方同士で自由に意見し、発想し合える環境がある
  2.新しいもの・異質なものを積極的に受け入れる
  3.会社の利益を上げる事に対して、真剣な想いがある
という事が
好業績をあげているいくつかの要因であると思いました。

事務所にある畑も見せて頂き、楽しくインタビューをさせて頂いた成沢様と都倉様に深く感謝致します。



※本稿は、取材先企業様の発言に基づいて作成しております。













Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.