お問い合わせ

トップ » ズバロジ!インタビュー  » エコ商品インタビュー  » 「エコ商品インタビュー」Vol.6 合資会社トライパック

エコ商品インタビュー



「エコ商品インタビュー」Vol.6 合資会社トライパック (2011年01月13日)

合資会社トライパック

2011.1.13
「 エコ商品インタビュー」 Vol.6合資会社トライパック
代表 田村信宜 様


「エコ商品インタビュー」の第6回は、 合資会社トライパック、 代表 田村信宜 様にお話をおうかがいいたしました。


合資会社トライパック

インタビュアー:本日はコスト削減のための、フォークリフトのバッテリー無料診断を展開していらっしゃる、合資会社トライパック
代表 田村信宜 様にお話をおうかがいいたしました。


トライパック様は、フォークリフトのバッテリー無料診断を行なっていらっしゃいます。

フォークリフトのバッテリーは、交換するとなると、かなりのコストがかかるものです。きちんと状態を把握することで、無駄なコストを削減することができますね。さて、サービスの概要をお教えいただけますか?




田村社長:はい。弊社はお客様に、エコな経費削減を提案しております。その一環としまして、フォークリフトバッテリーの状態を認知して頂くための無料診断サービスを提供しています。 私どもは、中小メーカーの持つ、確かな技術製品の普及促進のお手伝いが本来の事業なのですが、その中にプロを中心に流通している鉛バッテリーの活性液があります。



インタビュアー:一般には販売されていないのでしょうか?




田村社長:そうですね。再生業者やフォークリフトの保守会社などプロにしか販売できない理由としまして、この製品の価値を最大限に活かすためにはバッテリーの基礎知識など多少のノウハウが必要になることが挙げられます。ですから、それらの情報をソフトとしてパッケージにし、新品の10~30%程度のコストでバッテリーを2倍以上長く使用することを目的とした"Battery Refresh PRO"というプログラムも同時にご提供しています。



インタビュアー:どのような経緯でサービスを始められたのですか?



田村社長:ご存知の通り、フォークリフトのバッテリー交換は約50~100万円と安くはありません。少しでも長く使用することが経費削減にもエコにも繋がると考えているのですが、意外にも現場のバッテリーに対する意識は低く、管理不足で寿命を短くしている現状を知ったためです。

寿命を決める主要因としまして、鉛バッテリー特有のサルフェーションという結晶化現象があるのですが、この進行具合によって、緩やかなカーブを描きながら寿命に向かって劣化していきます。


サルフェーションは生活習慣病のように進行しますので、バッテリーの不具合が顕著になる頃には極板まで傷んでいるほど劣化が進行して末期状態の交換期に入っているケースが多いのです。その場合、残念ながら活性化で救うには手遅れな状態で、新品交換しか選択肢がありません。



合資会社トライパック

インタビュアー:どのような対策をすればよいのでしょうか?



田村社長:日頃の正しい管理と早期発見、早期対応が非常に重要です。まずはバッテリーの状態を認識して頂くことが必要と考え、試験的にバッテリーの健康診断を無料で提供するサービスを開始しました。

"Battery Refresh PRO"プログラムは、先にも触れましたが、既に生成されてしまったサルフェーションを分解して劣化状態をリセットする製品の提案と管理方法の改善をお客様に促すことにより、費用的にも効果的にも一番効率的な劣化抑制、すなわちバッテリーの長寿命化を目的としたプログラムです。



お金をかけないコストダウン手法

インタビュアー:実際に、診断を受ける際の実際のステップをお教えいただけますか?



田村社長:はい。まずは診断に必要な数値測定を行なっていただきます。測定の外注サービスもありますが、そんなに難しいことではありませんし、その後の自社管理にも役立ちますので、測定方法をお伝えし、お客様自身に測定していただいています。その測定数値と管理に関するアンケート回答を元に、バッテリーの状態、そして改善アドバイスを含めた診断書をお送りしています。



インタビュアー:診断を受けることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?



合資会社トライパック

田村社長:管理方法の見直しをするだけでも、劣化速度はかなり違ってくると思います。実は、フォークリフトの使い方や、日ごろの管理方法が、劣化速度に対して非常に大きく影響しているのです。



フォークリフトの販売事業者任せにしていて、バッテリーの状態を自社で把握していない、という企業様が多いのですが、自社でしっかり管理・メンテナンスすることでバッテリーの劣化速度を遅くし、交換頻度を下げることができるんです。


インタビュアー:実際に、診断を受けたお客様からは、どのような声をいただいていますか?




田村社長:バッテリーの管理は業者やメーカー任せにしていて、「まだ新しいと思っていたのに、こんなに劣化していたとは、ビックリした」と驚いていらっしゃいますね。診断後は、フォークリフトのバッテリーも自社でしっかり管理をする体制に移行なさったようです。「こんなに簡単なら、はじめから、しっかり自社管理しておけばよかった」という声もいただいていますので、ぜひ他の企業様にも体験していただきたいと思っています。



インタビュアー:フォークリフトのバッテリーに関しては、頭を悩ませている企業様も多いと思います。そんな方は、無料診断サービスを受け、効果的な管理方法を取得していただくとよいと思います。バッテリーに関しては、添加剤なども多数販売されていますが、まずはしっかり自社で点検・管理し、状態を把握することが先決ではないでしょうか。田村社長、本日はお得な話をお聴かせくださいまして、ありがとうございました!





会社概要

社名

合資会社トライパック

代表者

代表  田村信宜

本社

横浜市保土ヶ谷区岩井町11-1

連絡先

info@tripacjp.com


※本稿は、取材先企業様の発言に基づいて作成しております。内容の検証は行なっておりません。ご了承ください。












Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報保護方針  個人情報の取扱いについて  ソーシャルメディアポリシー
特定商取引法に基づく表記  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.