お問い合わせ

トップ » ズバロジ!インタビュー  » 先進事例インタビュー  » 先進事例インタビュー Vol.8 SBSホールディングス株式会社

先進事例インタビュー



先進事例インタビュー Vol.8 SBSホールディングス株式会社 (2010年05月29日)

SBSホールディングス株式会社

2010.05.29
「先進事例インタビュー」 Vol.8 SBSホールディングス株式会社 CSR・環境対策推進室 室長
森井 達哉 氏


「先進事例インタビュー」の第 8 回は、SBSホールディングス株式会社のCSR・環境対策推進室 室長、森井 達哉様にお話をおうかがいいたしました。



環境報告書の作成

SBSホールディングス株式会


インタビュアー:本日はお忙しいなか、ありがとうございます。
よろしくお願いいたします!


森井氏:よろしくお願いします。


インタビュアー:先日、環境報告書を出された、というニュースを聞いてご連絡させていただきました。 物流子会社ではない物流企業で環境報告書を出すケースは、まだ少ないですね。


森井氏:はい。佐川急便さんや、ヤマト運輸さんはしっかりと作られていますけれど、 物流業界全体で見ると少ないですね。


インタビュアー:どのような経緯で環境報告書をお作りになったのですか? やはり、荷主さんから要請があったのでしょうか?


森井氏:いえ、実は荷主さんから言われた訳ではないんです。 グループ各社で、もともと活動をしていたのですが、今回の報告書は、グループ各社それぞれの活動を纏め上げたものです。


インタビュアー:なるほど。


森井氏:最初は、社員向けのハンドブックを作ろうと思っていたんです。 今まで求められている安全・品質はもう「当たり前」になって、 これからは「環境」への取り組みや高い意識が求められると感じているので、社員への意識付けを行ないたかったのです。


インタビュアー:そうなんですか。それはすばらしいことですね!


森井氏:社員向けのハンドブックを作るために各社にヒアリングをしていて、初めて色々な活動をしていることが分かって、「これはお客様にも知っていただこう!」ということになったのです。 この報告書が営業ツールの一つになればと思っています。


インタビュアー:実際に荷主さんからはどのような反応がありましたか?


森井氏:よい反応をいただいていますね。 今まできちんとグループでの活動を纏めて提示していなかったので、信頼していただけるよい機会になったと思っています。



新しいビジネスチャンスの発掘



SBSホールディングス株式会

インタビュアー:営業面では何かメリットがありましたか?



森井氏:正直に言うと、まだ「武器」としては使えていないのが現状です。
しかし、今後荷主企業様に対する環境の規制も厳しくなると思いますので、今後はもっと攻めの場で使えるのではないかと思っています。
多くの物流企業も、何かしら環境活動を行なっていると思うのですが、大切なのはアピールしていくことかなと考えています。
アピールすることで、今後新しいビジネスのチャンスを生み出せる、と感じています。


インタビュアー:なるほど。荷主さんからしたら、物流企業がどんな活動をしているか分からないですからね。 アピールしたもの勝ちですね!


森井氏:そのとおりです。



社員への展開

インタビュアー: もともとは社員教育として、とのことでしたが、社員さんにもお配りしているのでしょうか?


森井氏:はい。全社員に昨年12月に配布し、1月、2月に「環境報告書を読む会」を開催いたしました。 会社としての考え方や、グループでの取り組みなどを交えた勉強会です。こちらも積極的に参加していただきましたね。


インタビュアー:すばらしいですね!今後も継続して開催されるのでしょうか?


森井氏:その予定です。また、階層別の研修も行ないたいと思っています。 階層ごとに、知っておかなければならないことが異なりますからね。 グループ全体で意識を高めていくために、今後も取り組んでいく予定です。


インタビュアー:そうですね。上層部の方は、荷主さんにどのように提案していくか、どう事業と連携させるかを考えなければならないですからね。 それにしても、本当によいきっかけになりましたね!


森井氏:はい。もう一つ、グループの横のつながりができた、というよい結果も出ています。


インタビュアー:なるほど。


森井氏:必要なときに連携することはあったのですが、グループ全体での取り組みというところまで、あまり目が向いていなかった部分があります。 それが、グループ各社がお互いに興味を持つようになっているので、今後グループとしての動きもスムーズになると思います。


インタビュアー:なるほど。分野が違うので、どうしても一つに纏まりづらい、ということもありますよね。 でも、より一体感をましていただけたようで、すばらしいですね!



荷主企業へのアピール



SBSホールディングス株式会

インタビュアー:今後は環境活動において、どのような展開をお考えなのでしょうか?



森井氏:はい、今度はもっと営業に活かせるように、報告書の内容も検討していきたいと思っています。
また、安全やガバナンスについても、同じような報告書を作成したいと考えています。


インタビュアー:それはよいですね!


森井氏:先ほどもお話させていただきましたが、もう「安全・品質」は荷主企業様からしたら、当たり前なんです。 その当たり前の部分ができているということをいかに伝えるか、が重要だと思っています。


インタビュアー:そうですね。自社の安全体制や、品質は「見える化」しないと荷主さんに伝わらないですからね。 環境と同じく、なんでも見える化し、アピールしなければならないですよね。


森井氏:はい。多少時間はかかるかもしれませんが、汗をかきながら頑張らないと、と思っています。


インタビュアー:本当にそのとおりですね。森井様、本日はありがとうございます!








対談後記

SBSホールディングス様のように、自社の財産を纏めて荷主にアピールできるものを準備しておくことは効果的だと考えています。ただ、アピールだけに利用するのではなく、SBSホールディングス様のように社員教育を同時並行で行なうことも効果的だということを再認しました。社員の意識も、一緒に高まるので一石二鳥ですね!是非、SBSホールディングス様の、環境報告書を参考になさってください!



会社概要

社名 SBSホールディングス株式会社
代表者 代表取締役 鎌田 正彦
設立 昭和62年12月16日
所在地 130-0012 東京都墨田区太平四丁目1番3号 オリナスタワー 
TEL 03-3829-2222
FAX 03-3829-2822
資本金 38億3393万円(平成21年12月31日現在)
従業員数 4,151名(平成21年12月末現在グループ全従業員数 単独:88名)
売上高 1,157億円(平成21年12月期 グループ連結実績)




※本稿は、取材先企業様の発言に基づいて作成しております。














Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.