お問い合わせ

トップ » ズバロジ!インタビュー  » 先進事例インタビュー  » 先進事例インタビュー Vol.7 新開運輸倉庫株式会社

先進事例インタビュー



先進事例インタビュー Vol.7 新開運輸倉庫株式会社 (2010年04月30日)

新開運輸倉庫株式会社

2010.04.30
「先進事例インタビュー」 Vol.7 新開運輸倉庫株式会社 取締役 新開孝典 氏


今回は、自社倉庫にLED照明を設置した、新開運輸倉庫株式会社 取締役 新開孝典氏、LEDの販売を手がける日本オートレスキュー株式会社 専務取締役 吉田隆起氏にお話をおうかがいいたしました!





新開運輸倉庫株式会社

インタビュアー:本日はありがとうございます。よろしくお願いいたします!


新開氏:よろしくお願いします。


インタビュアー:新開さんが自社倉庫にLED照明を設置したと聞いて、是非お話をおうかがいしたいと思っています。LED照明というと、みなさん「高い・暗い」というイメージを持っていらっしゃると思うのですが、なぜ導入に踏み切ったのでしょうか?


新開氏:実は、荷主さんからの要望があってのことなんです。荷主さんから、倉庫内の照度を上げてくれないかと要請があったんです。基準以上の照度を保っていたのですが、もっと明るいほうがよいとのことで。それで、色々と照明を検討していたんです。最初からLEDを導入しようと思っていたわけではないんですけれどね。


インタビュアー:他にもいくつか試したんですか?


新開氏:はい。照明だけではなく、笠の増設をしてみたのですが、それでも照度が足りなかったんです。それで、ほとほと困っているところにLED照明の話があり、導入を検討しました。


インタビュアー:そうなんですね。倉庫は天井が高いから、なかなか難しいですよね。


新開氏:それで、日本オートレスキューさんのLEDを見せてもらったんです。正直、LEDについては半信半疑だったので、明るさにビックリしました(笑)




新開運輸倉庫株式会社


LEDに対してのイメージ

インタビュアー:LEDについては、当初どのようなイメージをお持ちだったのでしょうか?


新開氏:そうですね・・・あまり詳しくは知らなかったのですが、「売りっぱなし」というイメージは持っていましたね。また、コストパフォーマンスのきっちりとした説明もない会社が多く、業界としても不信感を持っていたことは確かです。実際に、弊社が導入して、仲間に話したら、「なんでLEDなんか入れたの?!」と驚かれました(笑)実際に見てもらったら、もっと驚いていましたけどね(笑)


インタビュアー:分からなくもないですけどね。私も倉庫会社様に高いし、売りっぱなし!という感想をいただいたことがあります。吉田専務、実際にその辺りはいかがでしょうか?


吉田氏:確かに、そういう会社も多いですね。価格に関しては、今までLEDの明るさが十分でなかったので、水銀灯と同じ照度を保つためには、2倍のLEDを設置しなければならなかったという現実があります。そうすると、やはり価格もものすごく高くなってしまいますよね。だから以前は弊社では倉庫に取り付けるタイプは扱っていなかったんです。今回は従来の製品と比較するとものすごく明るいLEDを取り扱うことができたため、倉庫会社様にご提案しています。


インタビュアー:なるほど。先ほど実際に倉庫を拝見させていただきましたが、普通の水銀灯より明るかったですもんね。それから、もっと青白い光になると思っていたんですけれど、すごく自然な明るさなことにビックリしました。


新開運輸倉庫株式会社

新開氏:そうでしょう?それは私も驚きましたね。実際に荷主企業様も、現場の人間も満足してくれています。


インタビュアー:他にどんなメリットがあったのでしょうか?


新開氏:そうですね・・・電球交換の手間が減ったことでしょうか。また、営業倉庫の場合、水銀灯は外したら産廃処理をしなくてはいけないんです。そういう手間やコストを考えると、楽になったなと思います。




倉庫をショールーム化する

インタビュアー:今後はどのような取り組みを検討されているのでしょうか?


新開氏:今後は、自社倉庫をショールーム化したいと考えています。今すぐ、というわけではないですが、太陽光発電装置の導入も検討しています。このように、省エネやエコの取り組みを打ち出して、営業のきっかけにしたいと考えています。また、荷主企業様の商品を紹介する場としても使っていただき、弊社をご紹介いただけるようになりたいと考えています。


インタビュアー:すばらしいですね!


新開氏:現在の荷主企業様で、屋上緑化の企業様がいらっしゃいます。なので、連携して、屋上緑化にも取り組むことができたら、と考えています。


インタビュアー:なるほど。確かに、「見せる倉庫」にすることで営業の機会が増えるという事例もありますからね。


新開氏:はい。今回のLED照明の導入がよいきっかけになりました。最初に荷主企業様から要望をいただいた際も、無理な注文と思わず、「チャンスをくれた」と思うようにしました。


インタビュアー:それはすばらしいですね!


新開氏:何でも、「やらされている」と思っていたら、どこにも成長するポイントがないですからね。それをどう捉え、どのように活かすかだと考えています。


インタビュアー:なるほど。今後も荷主さんからの要望は増えていくかと思いますが、「また来た!」と毎回思っていてもしょうがないですもんね。


新開氏:はい。弊社は荷主企業様のお役に立ち、自社もその取り組みを活かしてどう展開していくか、を常に考えています。


インタビュアー:すばらしいお考えですね。今後も荷主さんと色々と連携しての取り組みが楽しみです!新開様、吉田様、本日はありがとうございます!


会社概要

名 称 新開運輸倉庫株式会社
代表者 代表取締役社長 坂東正明
創業 昭和13年6月  現在地にて「新開組」として創業
設立 昭和22年6月  改組現在に至る。
所在地 〒556-0027 
     大阪市浪速区木津川2-2-6
資本金 3,000万円
年商 15億円
社員 60名
TEL 06-6561-1051(代)
FAX 06-6561-1058
homepage http://www.shinkai-tw.com/



【LEDに関するお問い合わせ】
問合せ先:日本オートレスキュー株式会社
担当者:吉田隆起 氏
TEL:082-507-6606
FAX:082-507-6607
E-Mail:r.yoshida@ara-jp.com




対談後記
新開運輸倉庫株式会社様は、とても前向きで先進的なお考えをお持ちで、私もビックリしました。一番心に残っているのが、荷主からの要望を「チャンスをくれている」と考える、というお言葉です。荷主さんから色々な要望を受ける方も多いと思いますが、是非新開取締役のように前向きに捉えていただきたいと思います!



※本稿は、取材先企業様の発言に基づいて作成しております。












Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.