お問い合わせ

トップ » ブログ:橋本  » 「トップの視点」コラム  » 橋本直行の「トップの視点」【トップダウン改善の仕組み】

「トップの視点」コラム



橋本直行の「トップの視点」【トップダウン改善の仕組み】 (2018年07月06日)

アマゾンの強い競争力の理由のひとつとして、業務改善能力の高さが
挙げられると、アマゾンジャパンの創業メンバーのひとりから教わり
ました。


同社は、現場の問題を適宜挙げて、早期に解決するための仕組みの
構築に並々ならぬ力を注いでいます。


それらの中でも、私が特に感じ入ったのが、「C2プログラム」です。


C2とは、カスタマーコネクションの略だそうです。


このプログラムは、現場の裁量権では対処するのが難しく、放置
されている問題を発見し、トップダウンで解決を図る仕組みです。


内容は、上級管理職が、年に一度、自ら現場のオペレーション業務
(倉庫業務、コールセンター業務など)に従事し、その体験から
問題を認識し、即時処理で解決策を考案、実行指示を出すという
ものです。


このプログラムがあることにより、構造的、費用的に、より大きな
視点で解決を図らなければならない問題の解決ができるのです。


ぜひ真似すべきプログラムだと思います。


◆バックナンバー http://www.ecologi.net/hashimoto/hashimoto-top/





アイコン 「トップの視点」コラムバックナンバー
>>その他の記事をみる




2018年7月

1 2 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


経営相談講演依頼

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへ


Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報保護方針  個人情報の取扱いについて  ソーシャルメディアポリシー
特定商取引法に基づく表記  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.