お問い合わせ

トップ » ブログ:橋本  » 「トップの視点」コラム  » 橋本直行の「トップの視点」【潮目の変化】

「トップの視点」コラム



橋本直行の「トップの視点」【潮目の変化】 (2017年09月26日)

国家→企業→個人(とその家族)と、時代とともに、価値観の
主体が移ってきています。


19世紀は国家の時代、20世紀は企業の時代、そして21世紀は
個人の時代と言われています。


人を行動の軸が、国家の大義、企業の大義、そして個人の
大義へ変化しているということです。


前々世紀なら国家のために生きる(死ねる)、前世紀なら
会社のために全てを捧げるというのが、社会の中心的な
価値観でしたが、今ではどちらも少数派になりました。


ただし、これらの価値観の変化は、世紀をまたいだ途端に
起こるわけではありません。


徐々に変化の兆しが現れ、ある時期に一気に変わります。


今世紀の価値観の変化については、今年、完全に潮目が
変わったようです。


クライアント企業および弊社の従業員の価値観の変化、特に
退職者の言動から、そのように感じます。


これからは、企業の大義が個人の大義と重なるかが、企業の
盛衰の一番のポイントだということを、強く認識する必要が
あります。




アイコン 「トップの視点」コラムバックナンバー
>>その他の記事をみる




2017年9月

          1 2
3 4 5 8 9
10 11 12 14 15 16
17 18 19 22 23
24 25 26 28 29 30


経営相談講演依頼

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへ


Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.