お問い合わせ

トップ » ブログ:橋本  » 「トップの視点」コラム  » 橋本直行の「トップの視点」【本物の強さ】

「トップの視点」コラム



橋本直行の「トップの視点」【本物の強さ】 (2016年08月24日)





リーダーが代わるたび、またはメンバーが代わるたびに、また一から
つくり直さなければならないチームがあります。


野球界の知将、野村克也氏は、そのようなチームには「本物の強さが
備わっていない」と言います。


野村氏は、チームが本物の強さを有するためには、「負けから学び、
弱点と向き合う習慣」が必要だと説きます。


つまり、昨日よりも今日、今日よりも明日と、少しずつレベルが
アップしていける組織は強いということだと思います。


実践としては、『ふり返り』を仕組み化すべきでしょう。


例えば、反省会、改善提案制度など、実行後の検証・修正・定着化が、
確実に行なわれる仕組みを創ることです。


毎日1%成長すれば、365日で、37.8倍になります。


アイコン このテーマの無料テキストダウンロード


アイコン 「トップの視点」コラムバックナンバー
>>その他の記事をみる




2016年8月

  1 2 3 4 6
7 10 11 12 13
14 16 17 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


経営相談講演依頼

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへ


Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.