お問い合わせ

トップ » 物流×環境 用語集

物流×環境 用語集

ここでは、「物流企業が環境ビジネスに参入する際に知っておきたい語句、用語の紹介をしております。

語句・用語一覧(五十音順)

あ行

用語 説明/定義
アイドリングストップ 温室効果ガスの排出量削減のための運転方法の一つ。5秒以上停車する場合は、エンジンを停止させることが望ましいとされている。
一般廃棄物収集運搬業 一般廃棄物とは、産業廃棄物以外の廃棄物である。家庭から出る一般廃棄物は市町村が収集・処理し、企業から出る一般廃棄物はその企業が処理するよう義務付けられている。この際の収集を委託されるのが、一般廃棄物収集運搬業である。収集には市町村長の許可が必要であり、家庭系と事業系に分けられている。不用品回収を行なうためには家庭系、企業から不用品回収を行なうためには事業系の許可が必須である。
エコドライブ Co2排出量の削減を目的とした、燃費を向上させるアクセルワークを指す。Co2削減だけではなく、燃料代の削減にも繋がるため、多くの物流企業が取り組んでいる。

か行

用語 説明/定義
グリーンロジスティクス 環境にやさしい物流システムの呼称。
「グリーン物流」といわれることもある。
特に温暖化対策において、運輸部門のCO2排出量が極めて多いことから、総合的な対策の必要性があって論じられ、生まれた概念である。
家電リサイクル法 一般家庭から年間60万トンもの廃家電が排出されていたため、廃棄量の削減と資源の有効活用のために1998年に制定された。消費者は指定の引取所にて廃棄料と引き換えに商品を受け渡す。家電リサイクル法制定を受けて、指定引取所の運営、処理場までの物流を一貫して行なう物流企業が現れるなど、ビジネスチャンスが拡がった。
環境ビジネス 多くの企業でニーズのある、エネルギー、廃棄物などに関わるビジネス。近年企業では省エネや廃棄物削減のニーズが高まっており、課題解決のための技術を開発している企業も多く存在する。
国内クレジット制度 大企業等の技術・資金等を提供して中小企業等が行った二酸化炭素の排出抑制のための取組みによる排出削減量を認証し、自主行動計画等の目標達成のために活用する仕組みを指し、京都議定書において規定されている。
京都議定書 先進国が排出する温室効果ガスについて、各国で削減目標値を定める、また排出権取引などの仕組みを導入する、などの指針を規程したもの。ここでいう温室効果ガスとは、二酸化炭素だけではなく、「二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、HFC、PFC、SF6」のことを指す。
古物商 古物(中古品)を売買する企業や個人を指す。一般廃棄物の許可が得られない地域でも、古物商の許可を取得することで買取を行なうことができる。
グリーン物流 モーダルシフトや、共同配送など、環境負荷を低減させる取り組みの総称である。
グリーンロジスティクス グリーン物流の別称。
カーボンニュートラル 実際には化石燃料と同じく二酸化炭素を発生させるが、ライフサイクル全体で考えて実質の発生量を0とカウントする方法。例えば、植物系のバイオマス燃料の場合、植物の成長過程で二酸化炭素を吸収しているため、実質の二酸化炭素排出量は0とカウントされる。
カーボンオフセット 発生してしまった温室効果ガスを、他の場所での環境活動によって間接的に吸収するという考え方。例えば、海外での植林や、クリーンエネルギーの活動を行なうことで、本業で排出された温室効果ガスを吸収する、といった活動がこれに当たる。

さ行

用語 説明/定義
資源有効利用促進法 パソコンなど一部の製品に関して、メーカーに回収・リサイクルを義務付けた法律。この法律は3RのResycle促進のために改訂され、市場に「循環型社会」を意識させるきっかけとなった。
自動車リサイクル法 消費者が自動車廃棄の際に、処分料金を支払い、自動車メーカーは廃棄された自動車からエアバッグなどをリサイクルする。この法律制定に伴い、自動車の静脈物流のニーズが生まれた。
循環型社会 法では、【「循環型社会」とは、製品等が廃棄物等となることが抑制され、並びに製品等が循環資源となった場合においてはこれについて適正に循環的な利用が行われることが促進され、及び循環的な利用が行われない循環資源については適正な処分が確保され、もって天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される社会をいう。】とされている。従来処分されていた資源や、回収されていなかった製品を有効に活用することが目的である。物流企業のなかでは、従来の動脈物流と共に静脈物流も一貫して請負う企業も現れている。
省エネルギー法 燃料資源の有効な利用の確保とエネルギーの使用の合理化を目的として制定された法。エネルギーの使用量に応じて、企業には中長期計画やエネルギー使用状況の提出が義務付けられる。
省エネビジネス 企業でニーズのある水・ガス・電気代の削減に関わるビジネス。削減には様々な種類の技術が存在する。削減したコストのうち一定の割合をフィーとして受け取るなど、導入コストがかからない提案方法も増えている。
静脈物流 資源の有効活用に関する法改正やリサイクル促進の流れに伴い、回収や廃棄に関わる物流が注目されている。製品を消費者に届ける物流を「動脈物流」、廃棄やリユース・リサイクルに関わる物流を「動脈物流」と区別している。
静脈3PL 事業所ごと、工場ごと、品目ごとに産廃企業と契約していた廃棄物の契約を一社で一括して受託し、廃棄物業者とのやりとりを代行する。企業には廃棄物の専任担当者がいないことが通常で、総務の担当がマニフェストの発行などの廃棄物管理をしているケースが多い。この手間を省いたり、最適な産廃業者の選定を行なう静脈3PLは物流企業でも参入することができ、各地で事例も増えている。
食品リサイクル法 食品の食べ残しや売れ残り、または製造過程で発生する食品残渣の処分量の減量、また肥料や飼料としての再利用の促進のために制定された法。食品リサイクル法の制定に伴い、食品工場では廃棄量削減のニーズや、廃棄物の肥料化・飼料化のニーズが生まれた。
食品リサイクルビジネス 食品工場で発生する食物残渣を肥料化、飼料化し、その肥料や飼料を用いて作成した農産物などをまた利用するという循環型社会形成のためのビジネス。メーカーのコスト削減にもつながり、CSR効果も高いため、注目が集まっている。
製品ライフサイクル 製品ライフサイクルとは、製品が市場に登場してから退場するまでの期間を指す。近年では「退場」は処分までと考えられることが多く、調達物流から静脈物流まで一貫して提供する物流企業も多い。
ゼロエミッション 廃棄物の排出をゼロにする、また排出しても再資源化するという考え方である。自社内でゼロエミッションを達成させることは難しく、他企業や他の産業と連携して行なうことが望ましいとされている。
自動車NOx・PM法 自動車から排出される窒素酸化物(Nox)、粒子状物質(PM)の削減を目的として制定された法。該当地域での車種規制や、事業者による排出量の削減が推進されている。

た行

用語 説明/定義
トンキロ法 温室効果ガスの排出量を算出する際の計算式の一つ。「輸送トンキロ×改良トンキロ法CO2排出原単位=温室効果ガス排出量」となる。
低公害車 大気汚染を引き起こすガスの排出が少なく、環境負荷が少ない自動車を指す。具体的には電気自動車、ハイブリッド自動車などである。

な行

用語 説明/定義
   

は行

用語 説明/定義
バイオマス 再生可能であり、化石資源を除いた資源を指す。バイオマスの種類は多岐に渡り、廃棄物由来のもの、植物由来のものなど、それぞれ特徴を持つ。
バイオマスエネルギー バイオマスから得られるエネルギーを指す。バイオエネルギーとも呼ばれる。近年は重油や軽油の代替として用いられることが多くなり、価格が安定すれば今後も拡大が見込まれる。
廃棄物処理・リサイクルガイドライン 品目別・業種別に事業者が取り組むべき廃棄物処理・リサイクルの事項を整理したもの。強制力はないが、今後荷主企業でもこのガイドラインを基に廃棄物処理・リサイクルを検討すると考えられるため、荷主企業に該当する部分は一読するべきである。
廃棄物処理法 正式名称を「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」という。廃棄物に関して、排出元や処理業者の義務や責任を明記している。
排出権取引 国内企業が自主的に二酸化炭素(CO2)の排出量を削減して過不足分を企業間で売買するという仕組み。平均の取引単価は1,200円ほどであるが、相場によって左右されれる。
バイオディーゼル バイオディーゼルフューエルの略であり、菜種油・パーム油などの植物由来油から精製されたディーゼルエンジン用の燃料を指す。
バイオエタノール 植物性エタノールのことである。主にガソリンに添加してカーボンニュートラルを図ることが目的とされている。
廃食用油 工場や店舗、一般家庭から排出された食用油。廃食用油を精製して、ディーゼルエンジン用燃料や軽油の代替として利用される。しかし、廃食用油の収集が難しく、一部では価格の高騰が生じている。
不用品・不要品 企業、一般家庭から出る不要になったもの。主に引越の際に出ることが多く、買取・回収をされる。
廃棄物管理 現在は品目ごと、工場や事業所ごとに廃棄物企業と契約をしている企業が多い。それぞれの企業とのやり取りの手間を省くため、その企業の廃棄物の管理を一括で受け、自社で各産廃企業とのやり取りを行なうビジネスを指す。

ま行

用語 説明/定義
モーダルシフト 省エネ・二酸化炭素排出削減を主な目的として、現在トラックや貨物機を用いている輸送を、貨物列車や貨物船での輸送に切り替えるという考え方である。現在国内での取り組みはさほど進んでいないが、イギリスやフランスなどでは積極的に取り組まれている。
木質バイオマス燃料 樹皮や廃材などをバイオ燃料として用いたもの。木質バイオマス燃料を用いても、「カーボンニュートラル」の考えで温室効果ガスを排出していないことになる。
マニフェスト マニフェスト制度とは、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託するときに、マニフェストに産業廃棄物の種類、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入し、業者から業者へ、産業廃棄物とともにマニフェストを渡しながら、処理の流れを確認するしくみを指す。

や行

用語 説明/定義
ヤトロファ 温暖な地域で自生する植物であり、種を絞るとバイオ燃料として利用できる。ヤトロファ自体には毒性があるため、食料と競合しないため、価格の変動も少なく、近年注目されている。

ら行

用語 説明/定義
ライフサイクルアセスメント 製品の生産から廃棄まで、全ての工程を通じての環境への影響を評価する手法である。
リサイクルポート 静脈物流ネットワークの拠点として利用できる港湾を指す。大量の廃棄物をまとめて運ぶことができ、環境負荷も少ないため、注目が高まっている。
リサイクルショップ 買い取ったリユース品を店舗にて販売する。一般的には、業者から商品を仕入れている店舗と、自社で回収・買取して販売している店舗があるが、自社で仕入れるほど利益率が上がる。今後不用品回収・リユース品買取に参入する企業はリサイクルショップも同時に立ち上げるとより利益を確保することができる。
リデュース 3Rの一つである、廃棄物の発生抑制を指す。再資源化や再使用ではなく、廃棄量そのものを減らすという考え方である。廃棄量を削減するための技術は各企業で開発されており、荷主に提案していくことも可能である。
リユース 3Rの一つである、再使用を指す。再使用とは、形や性質を変えずにそのまま使用することであり、中古品の販売などがこれに当たる。
リサイクル 3Rの一つである、再資源化を指す。再資源化とは、製品を資源の状態にし、別のものに利用することである。(新聞紙からトイレットペーパーをつくる、など)

わ行

用語 説明/定義
   

アルファベット(A-Z)

用語 説明/定義
Gマーク 日本トラック協会が法令を遵守し、安全活動に取り組むトラック運送事業者を認定し、発行するもの。
CNG車 天然ガス自動車を指す。自家用車では対応車種が限られているが、路線バスではCNG車が見られる。

数字(0~9)

用語 説明/定義
3R 3Rとは、Reduce(廃棄物の発生抑制)・Reuse(再使用)・Recycle(再資源化)の頭文字をとったものである。政府が主体となって3R政策を進めている。この3Rに関するビジネス(廃棄物削減、不用品回収、食品リサイクルなど)は今後市場が拡大していくと考えられるため、物流企業でも荷主に提案できるように準備をしたい。
メルマガ登録バナー


テキストダウンロードバナー
テキストダウンロードバナー

物流・ロジスティクス業界の転職ならロジキャリアップ



物流企業経営コラム

物流企業様向けに貴社のニュースリリースをPRしたい方、投稿ができます。フォームはコチラ


物流企業様向けニュースリリースページはコチラ

ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  物流用語集  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報・特定商取引  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.