お問い合わせ

トップ » ブログ:齊藤  » 事故0の会社作り~KYTで判断力を身に着ける③~

ブログ:齊藤



事故0の会社作り~KYTで判断力を身に着ける③~ (2019年07月05日)

ドライバー不足を背景に、未経験者採用をする際に課題となる「安全」
安全に向けてどのような取り組みをすればいいか、
本日は、前回に引き続き愛知県にある会社の事例をご紹介します。


事故対策の一つの危険予知トレーニングにおいて、そのレベルを上げるために、意識していくつかの取り組みを行っておりました。


①KYTを「危険のストーリーを考えること」と定義する
②毎月グループワークを実施する
③自社教材の活用と管理職のレベルアップ
それぞれ、詳細をお伝えします。


~~~~~~~~~
①KYTを「危険のストーリーを考えること」と定義する
→発見・予測では危険があるその瞬間のみを意識して考えてしまう。ストーリーとして定義することで、なぜその危険が迫るのか、前段階から流れで考えられるようになり、危険動作や危険物体があらわれる前から予想すできる力が身につく。


②毎月グループワークを実施する
→6名前後のグループにし、各グループ1名の指名された人が発表しあう形式にする。それにより、全員に話し、聞く姿勢が生まれ、意見が活発化する。なお、グループ作成時にはベテランと若手を混ぜることでベテランのノウハウ、若手の視点が融合し意見のレベルも上がる。


③自社教材の活用と管理職のレベルアップ
→KYTの素材は基本的に自社の映像を用いる。映像は使いまわすため、危険予知の知識が蓄積されており、新人が入社した時にも過去のノウハウを生かして指導することができる。また、管理職は時間をつくってドラレコ映像をチェックし、危険挙動の監視と教材となりそうな箇所のピックアップを同時に行うため、管理職の危険予知レベルが向上する。
~~~~~~~~~


以上です。安全に課題がある会社は、上記を参考にするとKYTのレベルの向上になるかと思います。
ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。


こちらの会社のインタビュー動画の全編は、弊社主催のオンラインアカデミー会員様向けに公開しております。


ご興味のある方は是非、下記URLから詳細をご覧になれます。
http://www.ecologi.net/study/academy/truck1810.html
初回は無料で視聴できますので、ぜひお申し込みください!


アイコン このテーマの無料テキストダウンロード







Share
ページのトップ
ズバロジ!とは  ズバロジ!インタビュー  物流商品紹介   注目物流記事アーカイブ  業績アップノウハウダウンロード  セミナー情報
ドライバー人材採用・育成ソリューション  研究会・勉強会情報  講演依頼  メルマガ登録  無料経営相談  無料ミニ動画セミナー  個別コンサルティング・研修
メディア掲載情報  FAXレターバックナンバー  関連リンク  会社案内  個人情報保護方針  個人情報の取扱いについて  ソーシャルメディアポリシー
特定商取引法に基づく表記  サイトマップ  物流社長の本棚

Copyright (C) ecologi.net All rights reserved.